ユーザビリティ調査を実施しています。お時間あればご協力お願いします。

Rank Tracker無料版の導入から使い方【SEO対策で使える10機能を徹底解説】

2021年5月27日

疑問

Rank Tracker(ランクトラッカー)は、無料版だとほとんど使えないって聞いたけどどうなの?無料版の使い方を知りたい。

Rank Tracker(ランクトラッカー)には、大きく分けて下記の3つの機能があります。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の主要な3つの機能

  • 順位チェック機能
  • キーワード選定機能
  • 競合分析機能

このうち、順位チェック機能については、無料版ではほぼ使えません。

理由は、ランキング履歴やプロジェクトの保存ができず、文字のコピペもできないからです。順位チェック機能を使うなら有料版を購入した方がいいです。

ですが、Rank Tracker(ランクトラッカー)には、無料版でも使える「超優良機能」があります。

それがキーワード調査(キーワード選定ツール機能)競合他社の研究(競合分析ツール機能)です。

以下からRank Trackerの各機能の使い方を解説します。

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版のダウンロードはこちら

SEO対策で使えるRank Trackerの「おすすめ10機能」

SEO対策で使えるRank Tracker(ランクトラッカー)のおすすめ10機能の使い方を紹介します。無料版でも使えます。

下記は、どの機能をどういう時に使えばよいかをまとめた一覧です。

無料版では順位チェックツールとしては使わず「キーワード選定ツール」や「競合調査ツール」として使った方が効果があります。

項目 内容 使い方
キーワード調査
ランキングキーワード サイトで使っている「キーワード」「ランキング順位」「そのキーワードを使っているURL」「検索数」「KEI」が分かる ・競合分析
・キーワード選定
キーワードギャップ 自分のサイトと競合サイトで使っているキーワードを比較して、足りないキーワードを抽出 ・競合分析
・キーワード選定
検索コンソール GoogleアナリティクスやSearch Consoleでプロジェクトで登録したサイトの「キーワード」や「クリック数」を抽出 ・流入キーワード調査
・キーワード選定
・検索ボリューム
キーワードプランナー 入力したキーワードに関連するキーワードを抽出 ・キーワード選定
・検索ボリューム
・キーワードの難易度
オートコンプリートツール 入力したキーワードを元にGoogleなどのサジェストキーワードを抽出 ・キーワード選定
関連する検索 入力したキーワードを元にGoogleなどの検索エンジンから関連するキーワードを抽出 ・キーワード選定
・検索ボリューム
・キーワードの難易度
SERP Analysis
SERP Analysis 「キーワードプランナー」などの調査結果から、キーワードの難易度の詳細を調査できる ・キーワード選定
・キーワードの難易度
競合他社の研究
ドメインの競合他社 同じキーワードでランクされている競合サイトを自動でピックアップ ・競合分析
トピックの競合他社 入力したキーワードを元に競合サイトを自動でピックアップ ・競合分析
Top Pages 各ページへの流入キーワード、トラフィック量、キーワードが分かる ・流入キーワード調査
・検索ボリューム
・競合分析

特に使える機能が下記の5つです。

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版の使い方(登録から起動まで)

Rank Tracker(ランクトラッカー)は、SEO対策に使える「キーワード選定」や「競合他社のキーワード調査」といった機能がとても優秀で、無料版でも使うことができます。

前準備として、下記の3つのアカウントがあると便利なので準備しておきましょう。

Googleアナリティクスを連携した機能はあまり使いませんが、Search Consoleを連携した機能は使いやすいです。

また、Google広告(旧Googleアドワーズ)は、キーワード選定で使うのでRank Tracker無料版では必ず必要です。

RankTracker(ランクトラッカー)と連携して使うサービス

  • Google Analytics(アナリティクス)
  • Search Console(サーチコンソール)※便利
  • Google広告(旧Googleアドワーズ)※必須

Rank Tracker無料版のダウンロードとインストール方法は、下記の記事にまとめてあります。

Rank Tracker無料版のダウンロードとインストール方法はこちら

Rank Tracker(ランクトラッカー)起動から最初の画面まで

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版の場合は、この起動から最初の画面にたどりつくまでの操作が毎回必要です。

Rank Tracker無料版と有料版の違い

Rank Tracker(ランクトラッカー)のインストールが終わって起動すると、サイトURL登録から始まります。

自分のサイトでも競合サイトのURLでもどちらでもOKです。

ここで、画面の右下にある「エキスパートオプションを有効にする」にチェックを「入れる」、「入れない」の2つの選択肢があります。

チェックを入れた場合 GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定を事前にすませることができます。
チェックを入れなかった場合 RankTrackerの機能で、それらが必要になった時に再入力画面が表示されます。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleが必要になるのはRank Trackerの「キーワード調査」>「検索コンソール」を使う時です。

この機能を頻繁に使わないのであれば「エキスパートオプションを有効にする」にチェックを入れない方が早く開始画面にたどり着けます。

事前に登録しておきたい人は、チェックを入れて下記の手順で進めてください。

チェックを入れた場合は、GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定画面が表示されます。

Googleアナリティクスのボタンをクリックするとアカウントに接続するための画面が表示されます。

「クリックしてアカウント設定の入力を行います」を選択すると、Googleの認証画面が表示されるので、自分のサイトを登録したGmailアドレスとパスワードを入力して接続します。

もし、下記のような画面が表示されたら「アクセス許可する」をクリックします。

接続が完了すると、元の画面に戻るので、今度はSearch Consoleのボタンをクリックします。

接続画面が表示されるので「アカウントに接続」をクリックし、Googleの認証画面が表示されたら、同じようにGmailアドレスとパスワードを入力して接続します。

両方の設定が終わったら「次へ」ボタンをクリックします。


次にランキング測定用のキーワード入力画面が表示されます。

もし複数のキーワードが入力されていたら、1つだけに変更して「次へ」をクリックします。

メモ

順位チェック機能は、ほぼ使えないのでキーワードを入力してもタスク処理に時間がかかるだけです。キーワードを1つにしておいた方がタスク処理が速く終わります。

次は利用する検索エンジンを指定する画面になります。

最初はUSAの検索エンジンが登録されているので変更が必要です。

※変更しなかった場合は、後から環境設定で変更できます。

ここで変更する場合は「さらに検索エンジンを追加する」をクリックします。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)の検索エンジンを変更する方法】「さらに検索エンジンを追加する」をクリックする

右側の検索ボックスに「japan」と入力して、表示された日本の検索エンジンの「+」ボタンをクリックして追加します。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)の検索エンジンを変更する方法】検索ボックスに「japan」と入力して、表示された検索エンジンの「+」ボタンをクリックして追加する

USAの不要な検索エンジンにマウスオーバーして、表示された「✕」ボタンをクリックして全て削除します。

最後に「完了」ボタンをクリックします。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)の検索エンジンを変更する方法】不要な検索エンジンにマウスオーバーして、「✕」ボタンをクリックして全て削除する

完了すると、設定した内容で処理がスタートし、画面の左下や右下に処理経過が表示されます。

※もし、キーワード入力画面でキーワードを大量に入力しているとタスク完了まで時間がかかります。

処理が完了すると、左下のメッセージが「実行中のタスクはありません」に変わります。

これで、最初の起動画面まで完了です。無料版の場合は、ここまでの設定を毎回やらないといけないのが手間がかかります。

なお、左メニュー「ターゲットキーワード」>「ランクトラッキング」が選択された状態になりますが、この機能は有料版でないとほぼ使えません。

無料版では、その下の「キーワード調査」や「競合他社の研究」のメニューを使います。

まずは「キーワード調査」の使い方を紹介していきます。

Rank Tracker「キーワード調査」の使い方

「キーワード調査」には下記のメニューがあります。

Rank Trackerの「キーワード調査」のメニュー

それぞれの機能の内容と使い方は下記のとおりです。

メニュー名 機能説明 使い方
ランキングキーワード サイトで使っている「キーワード」「ランキング順位」「そのキーワードを使っているURL」「検索数」「クリック単価」「KEI」が分かる ・競合分析
・キーワード選定
キーワードギャップ 自分のサイトと競合サイトを比較して、競合サイトにしかないキーワードや重複してきるキーワードなどを抽出できる ・競合分析
・キーワード選定
検索コンソール GoogleアナリティクスやSearch Consoleを使って、サイトの「キーワード」、「検索数」、「インプレッション」、「ランキング平均」、「クリック数」などを確認できる。
※Search Consoleの方が有益な情報が取得できる。
・流入キーワード調査
・キーワード選定
・ランキング平均
・検索ボリューム
キーワードプランナー 入力したキーワードに関連するキーワードを抽出する ・キーワード選定
・検索ボリューム
・キーワードの難易度
オートコンプリートツール 入力したキーワードを元に、検索エンジン(Googleなど)のユーザーが検索でよく使うキーワード(サジェストキーワード)を抽出する ・キーワード選定
関連する検索 入力したキーワードを元に、検索エンジン(Googleなど)から関連するキーワードを抽出する ・キーワード選定
・検索ボリューム
・キーワードの難易度
関連する質問 日本語には対応していないので使えません。
※キーワードに疑問詞を追加した時の関連キーワードの抽出ができる
TF-IDFエクスプローラー 日本語ではうまく機能しないようです。
※競合サイトがよく利用するトピックに関連するキーワードを抽出できる
・キーワード選定
キーワードの組合わせ 入力したキーワードの組み合わせを作成してくれます。
Google広告で出稿する時に便利な機能
・Google広告出稿
キーワードサンドボックス 検索した結果が全て蓄積される ・流入キーワード調査
・キーワード選定

ランキングキーワード

ランキングキーワードでは、サイトで使っている「キーワード」、「ランキング順位」、「キーワードを使っているURL」を調査できます。

ランキングキーワードの使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「ランキングキーワード」を選択
  • 調査したいサイトのURLを入力
  • 検索モードを選択

左上の検索対象が日本になっているのを確認しましょう。

無料版の場合、英語圏になっていることがありますが、ここがずれていると検索結果も違ってきます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版を使う時の注意点】検索エンジンの対象が日本であるのを確認する

調査したいサイトのURLは、自分のサイトや競合サイトのURLを入力します。

検索モードには下記のものがありますが、基本は「ドメインとサブドメイン」のままでOKです。

検索モード

  • 【ドメインとサブドメイン】指定したドメインとサブドメインを検索
  • 【ドメイン】指定したドメインを検索
  • 【Prefix】指定したドメインとフォルダの先頭一致検索(例:site.com/folder/*)
  • 【正確ですURL】特定のURL(1ページだけの場合に使う)

ランキングキーワード結果画面に表示される主要な項目は下記とおりです。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード サイトで見つかったキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
ランキング 検索順位 マウスオーバーで表示されるバーガーアイコンで検索順位をチェックできる
URLが見つかりました サイト内の各ページURL マウスオーバーで表示されるアイコンをクリックして、そのページに移動できる
検索数 検索される回数
オーガニックトラフィック 広告を利用していない検索からのアクセス数
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

自分のサイトを入力して検索した場合、自分のサイトで使っているキーワードやそのキーワードのランキング順位などがわかります。

同時に検索数や競合性も分かるので、検索数が多くて競合が弱い記事やリライト対象の記事を見つけることもできます。

リライト時には、対象のキーワードでランキング上位にあるページと自分のページを比較して、差分や追加情報を探してリライトできます。

ランキング上位にあるページは「ランキング」の列にマウスのせると「バーガーアイコン」が表示されます(下記画像)。

バーガーアイコンをクリックすると、ランキング順位(自分のページの位置)が表示されるので、上にスクロールすれば、ランキング上位ページがすぐにわかります。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のランキングキーワード】バーガーアイコンをクリックすると、ランキング順位(自分のページの位置)が表示される

「キーワードの難易度」の行にマウスオーバーすると表示される「グラフアイコン」をクリックするとSERP Analysisのチェックができます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードギャップ】キーワードの難易度からSERP Analysisを利用できる

KEIなどの表示されていない指標は、右側の編集ボタンから追加できます。

メモ

「KEI(キーワード効率指数)」は、競合と検索ボリュームの比率をあらわした指標で、数値が大きいほどアクセスが見込めるキーワードです。ただし競合も強いです。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のランキングキーワード】必要な指標(KEIなど)は右側の編集ボタンから追加できる

ランキングキーワードで、競合サイトのURLを入力すれば、競合サイトが使っているキーワードや順位などを調査できます。

キーワードギャップ

キーワードギャップでは、自分のサイトと競合サイトで使っているキーワードを比較して、どのキーワードが足りてないかを確認できます。

キーワードギャップの使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「キーワードギャップ」を選択
  • 左側の入力欄に自分のサイトのドメインを入力(起動時に設定したドメインが自動設定されるが変更可)
  • 比較方法を選択する
  • 右側の入力欄に競合サイトのドメインを入力(複数登録可)

比較方法には下記の種類があります。

比較方法 詳細
キーワード(サイトのみ) 自分のサイトにあるだけあるキーワード
一般的なキーワード(あなたのサイトと任意の競合サイトにある) 自分のサイトといずれかの競合サイトにあるキーワード
一般的なキーワード(あなたのサイトとすべての競合サイトにある) 自分のサイトとすべての競合サイトにあるキーワード
※競合を複数指定している時に有効
競合サイトのキーワード(任意の競合サイトにあるがあなたのサイトにない) いずれかの競合サイトにあって自分のサイトにはないキーワード
競合サイトのキーワード(すべての競合サイトにあるがあなたのサイトにない) すべての競合サイトにあって自分のサイトにはないキーワード
※競合を複数指定している時に有効
すべてのキーワード 自分のサイトと競合サイトの全てのキーワード

キーワードギャップの結果画面に表示される主要な項目は下記とおりです。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード 比較方法で抽出したキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
検索数 検索される回数
自分のサイトURL 自分のサイトの検索順位 マウスオーバーで表示されるバーガーアイコンで検索順位をチェックできる
競合サイトURL 競合サイトの検索順位 マウスオーバーで表示されるバーガーアイコンで検索順位をチェックできる
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

「競合他社のキーワード」の比較方法を使えば、競合サイトにあって自分のサイトにはないキーワードが分かるので、そのキーワードをサイトに追加したり、リライト時に追加するキーワードとして使えます。

追加するキーワードの優先順位は、検索数が多く、競合性が低いものをチェックすると選びやすいです。

検索コンソール

検索コンソールでは、GoogleアナリティクスやSearch Consoleを使って抽出した「キーワード」や「クリック数」がわかります。

検索コンソールの使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「検索コンソール」を選択
  • 調査方法で「Google検索コンソール」か「Google Analytics」を選択

Rank Tracker起動時にGoogleアナリティクスやSearch Consoleを接続していない場合は、ここで必要になります。

「Google検索コンソール」選択時の結果画面に表示される主要な項目は下記とおりです。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード Search Consoleから抽出したキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
クリック数 クリックされた回数
インプレッション数 Google検索で表示された回数
CTR クリック率(クリックされた回数/インプレッション数) マウスオーバーで表示されるバーガーアイコンで検索順位をチェックできる
ランキング平均 Google検索順位の平均
ページのトップ 表示されているURL
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

表示される項目はSearch Consoleの内容と同じです。

「Google検索コンソール」の結果画面から「Google Analytics」に変更して検索することもできます。

「Google Analytics」選択時の結果画面に表示される主要な項目は下記とおりです。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード Googleアナリティクスから抽出したキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
検索数 Google検索される予想回数
予想される訪問数 検索からサイトにくる訪問者の予想数
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

「Google検索コンソール」の方が有用な情報を抽出できます。

「Google検索コンソール」には、「CTR」と「ランキング平均」があり、リライトする記事を決める時に便利な情報があります。

リライトする記事は下記の方法で決めることができます。

右上の「絞り込み」を設定する

  • カスタムの絞りこみ条件で「ランキング平均/>(more than)/6」
  • カスタムの絞りこみ条件で「ランキング平均/<(less than)/30」を「AND」で追加(※必要があれば追加)
  • カスタムの絞りこみ条件で「CTR/<(less than)/0.01」を「AND」で追加
  • インプレッション数でソート(降順)

この条件で抽出した記事は、インプレッション数が多いのに、ランキング順位が6以下で、全然クリックされていない記事です。

ランキング順位が6~30位くらいまでの記事を1位にランクインさせれば、検索数が増える可能性があります。

ランキングが低すぎる記事は、リライトしても上位にランクインさせるのは難しいかもしれないので、6~30位くらいの記事を選ぶ方が効果をあげやすいです。

上記で抽出した記事とランキング上位の記事を比較して、足りないところを加え、新しい項目の追加をしましょう。

また、上位表示されているにも関わらずクリックされないのは、タイトルやdescriptionに魅力的がない可能性もあります。

キーワードを含めて、クリックされやすい魅力的なタイトルに変更しましょう。

キーワードプランナー

キーワードプランナーでは、入力したキーワードに関連するキーワードを抽出できます。

無料版ではGoogle広告(旧Googleアドワーズ)を利用するのでアカウントが必須ですが、有料版の場合はなくても利用できます。

キーワードプランナーの使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「キーワードプランナー」を選択
  • 検索ボックスにキーワードを入力してEnterキーを押してから検索

検索ボックスにキーワードを入力するときは、キーワードを入力したら、Enterキーを押して緑の囲いを付けます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナー】キーワードを入力したら、Enterキーを押して緑の囲いを付ける。これで一つのキーワードになる

複数のキーワードを入力できます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナー】複数のキーワードを入力できる

キーワードとキーワードの間にスペースを入れて入力し、最後にEnterキーを押せば、2語のキーワードを1キーワードとして登録できます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナー】2語のキーワードもスペースを入れれば1つのキーワードとして入力できる

メモ

キーワード入力では「Enterキー」や「tab」キーを押すまでは1つのキーワードとして入力されます。

キーワードプランナーの結果画面に表示される主な項目は下記とおりです。Google広告(旧Googleアドワーズ)の結果と似ています。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード 入力したキーワードに関連するキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
検索数 検索される回数(キーワードの検索ボリューム)
予想される訪問数 検索からサイトにくる訪問者の予想数
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

検索数(キーワードの検索ボリューム)を確認できるので、結果画面から「検索数」の列が「500」のキーワードを選んで記事を作成します。

「500」はGoogle広告(旧Googleアドワーズ)でいうところの「100~1,000」、5,000は「1,000~10,000」のものです。

実際の検索ボリュームの範囲は目安なので、自分のドメインの強さに応じて「検索数」が高いキーワードを狙ってもいいと思います。

メモ

ブログを書き始めの頃は、検索ボリュームが1,000くらいのものを記事にしなさいといわれますが、理由はドメインパワーが弱い時はどんなに強いキーワード(検索ボリュームが10,000以上)で記事を書いても上位表示できないからです。

最初はドメインパワー相応のキーワードを選んで書く必要があります。

キーワードプランナーメニューを使った「キーワード選定方法」を下記の記事で紹介しています。

Rank Trackerのキーワード選定方法【上位表示しやすいキーワードの見つけ方】

オートコンプリートツール

オートコンプリートツールは、入力したキーワードを元にGoogleなどのサジェストキーワードを抽出します。

オートコンプリートツールの使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「オートコンプリートツール」を選択
  • 左上にある言語選択で「日本語」を選択
  • 検索対象を選択(Google、Bing、Yahoo!、Amazon、Youtube、Ask、Yandex)
  • 検索ボックスにキーワードを入力して検索

1語のキーワードで検索した方が結果が分かりやすいです。

メモ

キーワードは「Enter」キーや「tab」キーを押すまでは1つのキーワードとして入力されます。

「オートコンプリートツール」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード 入力したキーワードとサジェストキーワード 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
検索数 検索される回数
予想される訪問数 検索からサイトにくる訪問者の予想数
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

ラッコキーワード(旧関連キーワード取得ツール)と同じような内容ですが、検索数、予想される訪問数を確認できるところが違います。

こちらも前述の「キーワードプランナー」と同じく検索ボリュームが1,000くらいのものを記事にするために利用できます。

結果画面の「検索数」の列が「100-1千」のキーワードを記事にしていきます。

メモ

「100-1千」のキーワードが多い場合は、グルーピング(どのキーワードを同じ記事に入れるかを決める)します。グルーピングして文字数が増える方がSEO効果があります。

関連する検索

「関連する検索」は、入力したキーワードを元にGoogleなどの検索エンジンから関連するキーワードを抽出します。

関連する検索の使い方

  • 左メニュー「キーワード調査」>「関連する検索」を選択
  • 左上にある言語選択で「Japan」を選択
  • 検索対象を選択(Google、Bing、Ask)
  • 検索ボックスにキーワードを入力して検索

「Enterキー」または「tab」を押すまでは1語として入力されます。

1語のキーワードで検索した方が結果が分かりやすいです。

「関連する検索」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目名 項目詳細 サブメニュー
キーワード 入力したキーワードに関連するキーワード(共起語みたいなもの) 「>>」アイコンをクリックすると、キーワードでグルーピングできる
検索数 検索される回数
予想される訪問数 検索からサイトにくる訪問者の予想数
競合性 競合の強さ
クリック単価 1クリックで支払う広告費用
キーワードの難易度 キーワード使って上位表示するときの難しさ。 マウスオーバーで表示されるグラフアイコンでSERP Analysisをチェックできる

結果画面の「検索数」の列が「100-1千」のキーワードをピックアップして記事にしていきます。

キーワードが多い場合は、グルーピングや優先順位決めが必要です。

関連する質問

日本語圏には対応していないので使えません。

TF-IDFエクスプローラー

競合サイトが頻繁に使用するキーワードを見つけることができるはずですが、うまく機能しないようなので使えません。

キーワードの組み合わせ

入力したキーワードの組み合わせを作成できます。

左メニュー「キーワード調査」>「キーワードの組み合わせ」を選択します。

「単語の組み合わせ」を使えば、「焼肉」「東京」「大阪」などの複数のキーワードの組み合わせリストを作ることができます。

Google広告で出向する時のキーワードの組み合わせを簡単に作成できます。

ただし、無料版だと作ったキーワードをコピペできません。Google広告を使わない人は必要ない機能です。

キーワードサンドボックス

「キーワード調査」で検索した結果が全て蓄積されています。

左メニュー「キーワード調査」>「キーワードサンドボックス」を選択します。

絞り込みで「存在場所(Google rel、検索コンソール、Googleオート、Keyword Plannerなど)」を指定することでどこで調査したキーワードかわかります。

ただし、無料版では今回検索したキーワードしか表示されず、保存もされないので使うことはあまりありません。

有料プランであれば、検索データが保存されるので毎回検索せずにすみます。時間を節約できて便利です。

Rank Trackerライセンス選択(購入)はこちら

Rank Tracker「SERP Analysis」の使い方

SERP Analysisでは、入力したキーワードの1~50位にランクインしている競合サイトのドメインパワー、ページランク、競合サイトの分布など、キーワードの難易度の詳細が確認できます。

SERP Analysisの使い方

  • 左メニュー「SERP Analysis」を選択
  • 検索対象を選択(Quick Searchで「japan」と検索して日本の検索エンジンを選ぶ)
  • 検索ボックスにキーワードを入力(複数キーワードは不可)
  • Analyzeで検索

【Rank Tracker】SERP Analysis分析結果

「SERP Analysis」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目は英語になっています。

項目名 項目詳細 サブメニュー
Keyword Difficulty(左上の円グラフ) 順位ランキングの難易度で、数値が高いほどランクインするのが難しい
Rank by Page Strength(右上の棒グラフ) 検索順位が1~50位のページの強さを棒グラフで表示 「Rank by Page Strength」の横にあるプルダウンで、別の項目に変更できる
Rank 検索順位 ・マウスオーバーで表示される矢印アイコンをクリックすると、そのページに移動できる。
・人アイコンをクリックすると、競合サイトに登録できる。
Page Strength ページの強さ
Page InLink Rank ページへのバックリンクを使って、ページがどのくらい強いかを表したランキング
Domain InLink Rank ドメインへのバックリンクを使って、ドメインがどのくらい強いかを表したランキング
Domain Linking to Page ページにバックリンクしているサイト(ドメイン)の数
Domain Linking to Site サイトにバックリンクしているサイト(ドメイン)の数
Domain Keywords ドメイン内のキーワード数
Domain Traffic ドメインのトラフィック

メモ

InLink Rank(インリンクランク)は、RankTrackerで使われている権威性のことです。ページオーソリティーやドメインパワーと同義語になります。

左側の円グラフから「キーワードの攻略難易度」が分かります。あまりにも数値が高い場合は、競合が強すぎるので、ブログ初心者は別のキーワードにした方がいいかもしれません。

右側の棒グラフは、1位から50位までの「Rank by Page Strength(ページの強さ)」を視覚的に分かりやすくしているグラフです。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のSERP Analytics】左の円グラフがキーワードの攻略難易度、右の棒グラフがページの強さ

プルダウンメニューから「Rank by Page Strength(ページの強さ)」以外の項目に切り替えて棒グラフを表示できます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のSERP Analytics】右の棒グラフは「ページの強さ」以外の項目を切り替えることができる

1位から50位までのページの強さ、バックリンク数によるサイトの強さなどの詳細情報を確認できます。

例えば下記の検索では「Page Strength」が弱くても1位を獲得できるのが分かります。

「弱いけど上位表示されているのはなぜか」を分析すると勉強になります。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のSERP Analytics】1位から50位までのサイトのページオーソリティ、バックリンクの数などの詳細情報

SERP Analysisは単体で使うよりも「キーワードプランナー」や「関連する検索」の検索結果からの方が使いやすいです。

「キーワードプランナー」や「関連する検索」などの検索結果に表示される「キーワード難易度」の列にマウスオーバーするとグラフアイコンが表示されるので、これをクリックするとSERP Analysis分析に飛んできて分析がはじまります。

【Rank Tracker】キーワードプランナーの「キーワードの難易度」からSERP Analysisの分析ができる

SERP Analysisは、競合サイトの情報が分かるので、選定したキーワードで記事を書くかを判断するのに使えます。

ページやドメインが強いサイトばかりで上位を占めている場合は、そのキーワードで記事を書くのはやめた方がいいかもしれません。

逆に、弱いサイトばかりが上位にいる場合はチャンスです。

Rank Tracker「競合他社の研究」の使い方

「競合他社の研究」には下記のメニューがあります。

Rank Trackerの「競合他社の研究」のメニュー

自分のサイトと競合サイトの比較ができますが、無料版だと表示項目が制限されます。

機能の内容と使い方は下記のとおりです。

ドメインの競合他社 同じキーワードでランキングされている競合サイトを自動でピックアップ ・競合分析
トピックの競合他社 入力したキーワードを元に競合サイトを自動でピックアップ ・競合分析
Top Pages 各ページへの流入キーワード、トラフィック量、キーワードが分かる ・流入キーワード調査
・検索ボリューム
・競合分析

ドメインの競合他社

ドメインの競合他社では、同じキーワードでランキングされている競合サイトを自動でピックアップしてくれます。

「ドメインの競合他社」の使い方

  • 左メニュー「競合他社の研究」>「ドメインの競合他社」を選択
  • 検索ボックスに自分のサイトのURLを入力
  • 検索モードは「ドメインとサブドメイン」を選択して検索

「ドメインの競合他社」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目名 項目詳細 サブメニュー
競合他社 競合他社のURL ・マウスオーバーで表示される矢印アイコンをクリックすると、そのページに移動できる。
・人アイコンをクリックすると、競合サイトに登録できる。
交差点 独自のキーワード(左)、交差するキーワード(中)、競合他社固有のキーワード(右)の割合を帯グラフで表示(パーセンテージは「交差するキーワード」)
独自のキーワード 自分のサイトだけにあるキーワード数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、キーワードギャップの「キーワード(サイトのみ)」の抽出結果が表示される
交差するキーワード 自分のサイトと競合サイトの両方にあるキーワード数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、キーワードギャップの「一般的なキーワード(あなたのサイトと任意の競合サイトにある)」の抽出結果が表示される
競合他社固有のキーワード 競合サイトだけにあるキーワード数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、キーワードギャップの「競合他社のキーワード(任意の競合サイトにあるがあなたのサイトにない)」の抽出結果が表示される
競合他社の合計キーワード 競合サイトにあるキーワードの合計数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、ランキングキーワードで「競合他社のURL」が入力された抽出結果が表示される
オーガニックトラフィック 広告を利用していない検索からアクセス数

競合と比較した時にどのくらいキーワードが拾えていないかを客観的に確認できます。

ただし、無料版だと2社しか表示できません。

「独自のキーワード」や「交差するキーワード」などの列にマウスのポインターをを持ってくると「虫眼鏡アイコン」が表示されます。

このアイコンをクリックすると、「キーワードギャップ」に移動して競合サイトとのキーワードの差を表示してくれます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のドメインの競合他社】結果画面にマウスオーバーすると虫眼鏡アイコンが表示され、クリックするとキーワードギャップの結果が表示される

競合サイトを洗い出す時に便利な機能です。

無料版の場合は、結果に2社しか表示できませんが、表示された2社をさらに「ドメインの競合他社」に入力して検索することで、ある程度競合を把握できます。

メモ

ランキングされているサイトの競合調査なので、自分のサイトの検索数が少ない場合は競合サイトも表示されません。

トピックの競合他社

トピックの競合他社では、入力したキーワードを元に競合サイトを自動でピックアップしてくれます。

「トピックの競合他社」の使い方

  • 左メニュー「競合他社の研究」>「トピックの競合他社」を選択
  • 検索ボックスにキーワードを入力してサーチ

「トピックの競合他社」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目名 項目詳細 サブメニュー
競合他社 競合他社のURL ・マウスオーバーで表示される矢印アイコンをクリックすると、そのページに移動できる。
・人アイコンをクリックすると、競合サイトに登録できる。
交差点 入力したキーワードと競合サイトとのマッチ度をパーセンテージで表示
競合他社の合計キーワード 競合サイトにあるキーワードの合計数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、ランキングキーワードで「競合他社のURL」が入力された抽出結果が表示される
オーガニックトラフィック 広告を利用していない検索からアクセス数
ページInLinkランク ページへのバックリンクを使って、ページがどのくらい強いかを表したランキング
ドメインInLinkランク ドメインへのバックリンクを使って、ドメインがどのくらい強いかを表したランキング
ページにリンクしているサイト ページにバックリンクしているサイト(ドメイン)の数
ドメインにリンクしているサイト サイトにバックリンクしているサイト(ドメイン)の数

無料版だと2社しか表示できず、「ドメインの競合他社」よりも使いにくいです。

「競合他社の合計キーワード」の列にマウスのポインターをを持ってくると「虫眼鏡アイコン」が表示されます。

このアイコンをクリックすると「ランキングキーワード」に移動して、競合サイトで使われているキーワードの詳細結果が分かります。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のトピックの競合他社】結果画面にマウスオーバーすると虫眼鏡アイコンが表示され、クリックすると「ランキングキーワード」で競合が使っているキーワード詳細を表示してくれる

この機能は、キーワードを使って競合となる個別ページを洗い出すときに使えます。

Top Pages

この機能がめちゃくちゃ便利です!

各ページへの流入キーワード、トラフィック量が全てわかります。

「Top Pages」の使い方

  • 左メニュー「競合他社の研究」>「Top Pages」を選択
  • 調査したいサイトのURLを入力
  • 検索モードは「ドメインとサブドメイン」を選択してサーチ

検索対象が「Japan以外」になっている場合は「Japan」に設定します。また、検索対象を「デスクトップ」と「携帯」に切り替えることができます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のTopPageの使い方】検索対象がjapanになっていない場合は「japan」に変更する

「Top Pages」の結果画面に表示される主な項目は下記のとおり。

項目名 項目詳細 サブメニュー
Page ページURL マウスオーバーで表示される矢印アイコンをクリックすると、そのページに移動できる
オーガニックトラフィック 広告を利用していない検索からアクセス数
Traffic Value トラフィックの価値を価格で表示
Keywords ページで使われているキーワードの数 マウスオーバーで表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると、ページで使われているキーワードを「ランキングキーワード」で確認できる
ページInLinkランク ページへのバックリンクを使って、ページがどのくらい強いかを表したランキング
ページにリンクしているサイト ページにバックリンクしているサイト(ドメイン)の数
Top Keyword アクセス数に一番貢献しているキーワード
Top Keyword Traffic Top Keywordによるアクセス数

競合サイトのページを調べる時にとても役に立ちます。

「Keywords」の列にマウスのポインターをを持ってくると「虫眼鏡アイコン」が表示されます。

アイコンをクリックすると「ランキングキーワード」に移動して、そのページで使われている全キーワードを確認できます。

自分と競合サイトで同じ内容のページを作成している時に、競合で使っているキーワードを確認し、自分のページで使っていなキーワードをチェックできます。

【Rank Tracker(ランクトラッカー)のTopPageの使い方】結果画面にマウスオーバーして表示される虫眼鏡アイコンをクリックすると「ランキングキーワード」でキーワードの詳細を確認できる

この機能で「どういうキーワードを使ってユーザーを集め、どうやって収益を上げているか」がわかります。

具体的に言うと「オーガニックトラフィック」が多く、「Traffic Value」が高いページが収益源となっている可能性が高いです。

上記の方法で見つけたページに実際に移動して、アフィリエイトリンクなどを確認すると収益化の方法がわかります。

また、「Keywords」の列で「どういうキーワードを使って記事を書いているか」もわかります。

新しいサイトを作成する時に、競合となりえる検索上位のサイトを調査すれば、キーワードや収益化方法の調査ができます。

Rank Tracker「ドメインの強度」

Rank Trackerでもドメインパワー(ドメインの強さ)を確認することができます。

「ドメインの強度」の使い方

  • 左メニュー「ドメインの強度」を選択

Rank Trackerでは、0~10の値で、ドメインエイジ、被リンクなどの複数の指標を元にドメインパワーを算出しています。

作成したばかりのサイトだと0に近い数値になってしまいます。

【Rank Tracker】でドメインパワーの確認ができる

Rank Trackerを使えば「なんでそんなに稼げるのか?」が分かる

初心者ブログーであれば、誰もが下記のような疑問を持つことがあると思います。

疑問

なんでそんなに稼ぐことができるのか、どうやって稼いでるのか?

この疑問を解決するのに、競合他社調査の「Top Pages」機能が使えます。

有名ブロガーのブログURLをチェックすると「こういうキーワードで集客して、これで収益をあげている(アフィリエイトリンクなど)」というのが見えてきます。

また、同時に「それだけの収益を上げるには、かなりの努力が必要」というのもわかると思います。

稼いでいる人たちは、

メモ

  • ページで使われている「Keywords」が尋常でない
  • 「オーガニックトラフィック」が半端ない

です。

メモ

「Top Pages」の「Keywordsの虫眼鏡アイコン」から各ページのキーワードの使い方が分かります。キーワードの埋め込み方がとても参考になります。

Googleアップデートなどのタイミングで一気に上がることもあるかもしれませんが、1か月そこらで簡単にできるようなことではないので、長期スパンで努力と知識のアップデートが必要です。

これらが分かるRank Tracker(ランクトラッカー)のちからは偉大です。

作業時間の削減や正しい作業をするためにはRank Trackerは導入しましょう。

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版のダウンロードはこちら

-Rank Tracker
-, ,