アフィリエイト

Rank Trackerのキーワード選定方法【上位表示しやすいキーワードの見つけ方】

2021年9月18日

疑問

Rank Tracker(ランクトラッカー)でキーワード選定のやり方が分からない。

Rank Tracker(ランクトラッカー)では、主に「キーワードプランナー」メニューを使ってキーワード選定を行います。

無料版と有料版で選定した時の違いや、上位表示しやすいキーワードの見つけ方を紹介します。

Rank Trackerのライセンス購入

無料版・有料版で選定結果に違いはあるのか?

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版・有料版の違いは、Googleアドワーズが必要かどうかです。

無料版の場合は、Googleアドワーズとの連携が必要です。

有料版の場合は、Googleアドワーズも使えますが、Rank Trackerで用意しているデータを使うことができます。

Googleアドワーズアカウントを未取得なら、有料版が便利です。

GoogleアドワーズとRank Trackerデータで違うところ

2つが違う部分は、下記の項目です。

  • 検索数
  • 予想される訪問数
  • クリック単価

これらの項目で数値が多少異なります。

Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナーでは、無料版・有料版で表示されるデータが少し違う

ただし、キーワード選定精度にはそれほど影響ありません。

個人的に複数のキーワードをチェックした結果ですが、無料版と有料版のどちらで選定しても大丈夫そうです。

Rank Tracker無料版のキーワード選定

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版でキーワード選定する場合、左メニューから「キーワード調査」>「キーワードプランナー」を選択します。

Googleアドワーズアカウントと連携する

国は「Japan」、言語は「日本語」を選択します。

※この設定を間違うと正しいデータが取得できません。

Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナーでは、国は「Japan」、言語は「日本語」を設定する

無料版の場合は、Googleアドワーズのアカウントと連携が必要です。

「あなたのアカウントに接続します。」をクリックして接続します。

Rank Tracker(ランクトラッカー)無料版のキーワードプランナーではGoogleアドワーズとの連携が必要

連携するとキーワードが入力できるようになります。

キーワードを入力して「Enterキー」を押すと、緑のボックスで区切られます(入力がうまくいかない場合は「Tabキー」も使えます)。

Rank Tracker(ランクトラッカー)とGoogleアドワーズを連携するとキーワードが入力できる

抽出したキーワードの表示を調整する

結果が表示されたら、「表示項目編集」ボタンから「KEI」にチェックを入れて追加します。

Rank Trackerのキーワードプランナーの表示項目に「KEI」を追加する

KEIの列をクリックして「降順」にソートします。

Rank Trackerのキーワードプランナーの「KEI」で降順ソートする

キーワードを選定する

抽出したキーワードから、以下の項目を確認して、比較的簡単に上位表示できるキーワード探します。

Rank Trackerでキーワード選定する時にチェックする項目

  • 「KEI」の数値が大きい
  • 「予想される訪問数」が多い
  • 「競合性」が低のもの
  • 「キーワード難易度」の数値が小さい
  • 「クリック単価」が高い

「KEI(キーワード効率指数)」は、検索数と検索結果件数の比率をあらわしており、数値が大きいほど上位表示されやすくなります。

「予想される訪問数」が多いほど、上位表示された時の検索流入が増えます。

「競合性」が、「高」のものはなかなか検索上位に表示されません。最初は「低」のものを狙った方が上位表示されやすいです。

「キーワード難易度」の数値が小さいほど、他の競合サイトのページは強くないので上位表示されやすくなります。

「KEI」が小さくても「キーワード難易度」が高いと上位表示は難しくなります(後述で補足)。

最後が「クリック単価の高いキーワード」は、なぜよいのか。

クリック単価が高いということは、お金がかかっても「売上につながる」と広告主が考えているからです。

情報を提供するキーワード(Knowクエリ)より、売上につながるキーワードの方が広告費が高くなります。

クリック単価で、それを見分けることができます。

「商品を購入するユーザーならこういうキーワードを使うだろう」と想像しながら選ぶことが大切です。

【補足】キーワード難易度の詳細を調べる

「キーワード難易度」は、そのページの総合的な強さ(競合サイトのドメイン、ページの強さなど)を表しています。

「SERP Analysis」を使うことで、そのキーワードを使っている競合サイトの状況を分析できます。

分析したいキーワードの「キーワード難易度」の列にマウスを合わせて「棒グラフ」アイコンをクリックします。

Rank Tracker(ランクトラッカー)のキーワードプランナーから「SERP Analysis」を使う

「SERP Analysis」の分析が終わると結果が表示されます。

下記の項目が表示され見やすくなっています。

  • キーワード難易度
  • 1~50位の「ページの強さ」の分布
  • 競合サイトの強さの平均

Rank Tracker(ランクトラッカー)の「SERP Analysis」で競合のページの強さやランキングの分布が分かる

「キーワード難易度」が高いと「レッドオーシャン(上位表示が難しい)」です。最初は避けた方がよいキーワードです。

1~50位の「ページの強さ」の分布が目視で確認しやすくなっています。

縦軸は「ページの強さ」で、横軸が1~50位のランキング順位になっており、下記の図だと、強いページが平均してランクインしているので、上位に食い込むのは難しいのが分かります。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の「SERP Analysis」のグラフで強いページが分布しているのが分かる

一方、下記の図だと、強いページはまばらなので、上位に食い込みやすいのが分かります。

Rank Tracker(ランクトラッカー)の「SERP Analysis」で1~50位までのページの強さの分布が分かる

「競合サイトの強さの平均」も分かるので、参入するかどうかの判断に使えます。

【補足】選定したキーワードを順位チェックに追加する

選定したキーワードは、キーワードプランナーの画面から順位チェック(ランクトラッキング)に登録できます。

登録したいキーワードの「>>」をクリックして、「グループ解除済み」をクリックすると登録できます。

Rank Trackerのキーワードプランナーで選定したキーワードを順位チェックに登録する

登録したキーワードは、左メニューの「ターゲットキーワード」>「ランクトラッキング」で確認できます。

Rank Tracker有料版のキーワード選定

Rank Tracker(ランクトラッカー)有料版の場合は、Googleアドワーズと連携しなくても、キーワード入力ができます。

Rank Tracker(ランクトラッカー)有料版ではGoogleアドワーズと連携しなくてもキーワード入力ができる

抽出結果画面はほとんど変わりませんが、「検索数」などの一部の数値が無料版と異なります。

Rank Tracker(ランクトラッカー)有料版のキーワード抽出画面

抽出後のキーワード選定のやり方は、無料版と同じです。

Googleアドワーズと切り替えができる

設定画面からRank Trackerのデータを使うか、Googleアドワーズのデータを使うかを簡単に切り替えることができます。

上メニューの「環境設定」>「SEO/PPCデータ」をクリック。

Rank Tracker(ランクトラッカー)環境設定のSEO・PPC設定

「グーグルAdsソース」から「SEO Power Suite Keyword Index」と「私のグーグルの広告のアカウント」のどちらかを選択できます。

Rank Tracker有料版だとデフォルトで「SEO Power Suite Keyword Index」が選択されています。

「私のグーグルの広告のアカウント」を選択すると、Googleアドセンスアカウントの連携画面が表示されます。

Rank Tracker(ランクトラッカー)環境設定のSEO・PPC設定でGoogleアドワーズに切り替えができる

【まとめ】Rank Trackerのキーワード選定方法

Rank Trackerのキーワード選定は、「キーワードプランナー」メニューを使います。

以下の項目を確認すれば、効率よく上位表示できるキーワードを見つけることができます。

Rank Trackerでキーワード選定する時にチェックする項目

  • 「KEI」の数値が大きい
  • 「予想される訪問数」が多い
  • 「競合性」が低のもの
  • 「キーワード難易度」の数値が小さい
  • 「クリック単価」が高い

※項目が表示されていない場合は、「表示項目編集」ボタンから選択します。

Rank Tracker有料版だと、Googleアドワーズを連携せずに、すぐにキーワード選定ができます。

また、そのキーワード選定が正しいかどうかを確認する「検索順位チェック」もできて便利です。

Rank Trackerのライセンス購入

-アフィリエイト
-,