ユーザビリティ調査を実施しています。お時間あればご協力お願いします。

SWELLにGoogleタグマネージャー(GTM)を設定する方法

SWELLにGoogleタグマネージャーを設定する方法を紹介します。

SWELLにGTMを設定する方法は2つ

SWELLにGoogleタグマネージャー(GTM)を設定する方法は2つあります。

SWELLでGoogleタグマネージャーを設定する方法

  • カスタマイズの高度な設定から追加する
  • functions.phpを編集して追加する

カスタマイズの「高度な設定」からであれば、WordPressだけで設定をすませることができます。

それぞれの詳しいやり方を紹介します。

カスタマイズの高度な設定からGTMを追加する方法と注意点

カスタマイズの「高度な設定」から追加するメリットは、コード修正が必要ないので、WordPress上で修正を完了できます。

ただし、headタグに設定するGTMトランキングコードは、head終了タグの直前に出力されます。

終了タグ直前でも問題ありませんが、できるだけheadタグの上の方への貼り付けが推奨されています。

また、この方法だとWordPressにアクセスしている人は誰でもPV数にカウントされてしまい、管理画面で記事を書いている自分のアクセスもPVとしてカウントされてしまいます。

※Googleアナリティクス側でIPアドレス除外の設定が必須です。

これらをカウントしたくない場合は、後述のfunctions.phpで設定しましょう。

「高度な設定」でGTMを設定する

高度な設定からGoogleタグマネージャー(GTM)を設定する場合は、WordPressの左メニュー「外観」>「カスタマイズ」>「高度な設定」を順番にクリックしていきます。

SWELLの高度な設定

「高度な設定」画面で、「headタグ終了直前に出力するコード」の入力欄に、GTMのheadタグ内に設定するトラッキングコードを貼り付けます。

もう一つ「bodyタグ開始直後に出力するコード」の入力欄には、GTMのbodyタグ内に設定するトラッキングコードを貼り付けて保存します。

SWELLの高度な設定でGTMを設定する

ページのHTMLソースコードをチェックして、GTMトラッキングコードが表示されていれば完了です。

functions.phpを編集してGTMを設定する方法

functions.phpを編集する場合は、事前に子テーマをダウンロードして有効化しておきましょう。

子テーマを使わないと、SWELL本体がアップデートされるたびに修正した箇所が元にもどってしまいます。

子テーマは、SWELL購入者限定のサイト「SWELLER'S」からダウンロードできます。

functions.phpに追加するサンプルコード

functions.phpに下記のコードを追加してアップロードします。

コメント部分は、自分のGoogleタグマネージャー(GTM)のトラッキングコードに変更してください。

/**
 * Googleタグマネージャーheadタグ内設定
 */
add_action('wp_head', function() {
  if ( !is_user_logged_in() ) {
  ?>
  //headタグ内に設定するトラッキングコードを貼り付ける
  <?php
  }
}, 0);

/**
 * Googleタグマネージャーbodyタグ内設定
 */
add_action('wp_body_open', function() {
  if ( !is_user_logged_in() ) {
  ?>
  //bodyタグ内に設定するトラッキングコードを貼り付ける
  <?php
  }
}, 0);

「!is_user_logged_in()」を指定することで、管理画面にログインしているユーザーを除外できます。

※管理画面にログインしていない場合の自分のPVを除外したい場合は、GoogleアナリティクスのIPアドレス除外設定が必要です。

また、add_actionの3番目のパラメータを0にして優先順位を上げることで、GTMトラッキングコードが一番最初に表示されるようしています。

おすすめのGTM設定方法はどっち?

おすすめのGTM設定方法はfunctions.phpの修正です。

理由は、管理画面にログインしている時は、GTMトラッキングコードを非表示にできるので、自分のアクセスしたPV数を完全に除外できるからです。

このfunctions.phpを修正してGTMを設定する方法は、SWELL以外のテーマでも使えるので覚えておくと便利です。

-SWELL
-,