アフィリエイト

ブログアフィリエイトで全然稼げない!【ブログ初心者は何をすればよい?】

2021年7月24日

疑問

ブログアフィリエイトで全然稼げない。
ブログはオワコンではないと書かれているのを見て、自分も試してみたけど、思うように収益があがらないのはなぜ?

同じ時期にはじめた人が収益が出始めているのに、自分だけ全然稼げなくて、焦りを感じている人もいるかもしれません。

記事を書いても、「全然稼げない」ままだと、さすがに嫌になってしまいます。

でも、稼げる人がいるということは、稼げていない人には何かしらの原因があるはずです。

この記事ではブログアフィリエイトで稼げない場合は、どこに原因があるのか、どのように対策したらよいかを紹介します。

アフィリエイトで稼げないのはなぜ?

アフィリエイトで稼げない原因の多くは「誰に何を売るか」が決まっていない、もしくはあいまいなことが多くあります。

「誰に何を売るか」があいまいなままだと、誰のためにどういう記事を書いたらよいかが決まりません。
「誰のためにどういう記事を書いたらよいか」が決まらないので、どういうキーワードで記事を書けばよいかが決まりません。
そして、書きやすい記事を書いたり、PVを増やすだけの記事を書いてしまうことになってしまいます。

稼げない場合は、こういうループにはまっていることがあります。

まず「誰に何を売るか」を決める必要があります。

誰に 何を
アフィリエイト初心者に WordPressテーマのSWELLを売る
携帯料金高いと思っている人に 楽天モバイル
朝起きて疲れが取れない人に 快適なベット
持ち家の人に シロアリ駆除サービス
一攫千金を夢見る人に 仮想通貨取引所

ポイント

ブログで稼げていない人は、まず「誰に何を売るか」を自分で答えられるか確認しましょう。

もし、答えられなかった場合は下記の「商品探し」が必要です

最初の「稼げない」から脱却するためにやること

前述の「誰に何を売るか」がすぐに答えられない場合にやることは一つです!

売るため商品を探す「広告選定」作業です。

どんな商品があるのかを知らなければ、売ることができません。

主要なアフィリエイトサイトをピックアップしたので、複数サイト登録して商品を探しましょう。

メディア(広告を掲載するサイト側のこと)登録はどのアフィリエイトサイトも無料です。

アフィリエイトサイト 特徴
A8.net ・オールジャンル
・人気ランキングなどをまとめてくれているので探しやすい
バリューコマース ・Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクが作れる
アクセストレード ・オンラインゲーム系が比較的多い
afb(アフィb) ・オールジャンル
・広告表現チェックツールが使える
もしもアフィリエイト ・他にはないニッチな広告がある
JANet ・クレジット系が多い
・他にはないニッチな広告がある
インフォトップ ・情報商材
・独自特典を追加できる
Amazon ・幅広いジャンルから選べる
楽天アフィリエイト ・幅広いジャンルから選べる

誰もが知っている広告はだいたいどこでも扱っているので、ちょっとニッチな商品を探すなら、複数のサイトに登録して探す方が見つけやすくなります。

広告選びは自分の好きなものを選ぶ

商品を決める時に注意したいのが下記の2つです。

広告選定時のポイント

  • 自分の好きなこと(好きになれそうなこと)
  • 自分で試せるもの

稼ぐためと思えば、ある程度割り切れる部分もありますが、実際に稼げるようになるまで時間がかかるので、ブログを継続できるように自分が好きなもの、もしくは好きになれそうなものを選んだ方が無難です。

また、実際に自分で試せるものを選んだ方が、記事が書きやすいです。

自分の好きなものから広告を探すのもあり

広告を先に選ぶ方がサイトテーマがぶれないのでお勧めですが、逆に「自分の好きなこと」から関連商品を探すのもありです。

ただし、「自分の好きなこと」から商品を探すと「自分はこれがほしい」になってしまい、前述の「誰に何を売るか」から逸脱してしまうことがあります。

「自分の好きなこと」から商品を選ぶ場合でも、自分を他人に置き換えて、サイトで何を購入してもらえるかを考えることが大切です。

選ばない方がよい広告

自分の好きなものを選ぶのは重要ですが、選んでもなかなか稼ぐことができない広告もあります。

選ばない方がよい広告

  • 怪しい広告
  • 検索ボリュームがない

怪しい広告は、敬遠されるので選ばない方が無難です。情報商材は特にそう思われているので取り扱うときには注意が必要です。

また、検索ボリュームがない商品はそもそも売れないので、商品名で検索ボリュームを確認してみましょう(検索ボリュームをチェックできるツール)。

物販アフィリエイトの注意点

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトは、すべてが商品になるので記事を書きやすいアフィリエイトです。

ただし、レビューだけでは記事の量を増やせないので、レビュー以外の横展開をイメージできる商品を選ぶといいです。

メモ

例えば「テント」であれば「キャンプ関連」「BBQ」などが横展開できます。

ちなみに、紹介料率はそれほど高くありません。高いものを売るか、多く売らないとなかなか収益はあがりません。

「誰に何を売るか」という問題はクリアしているけど稼げない場合は、ブログ側のチェックが必要です。

稼げないブログの問題点とは?

次は「誰に何を売るか」は決まっているけどアフィリエイトで稼げない場合は、ブログ側に問題があるかもしれません。なぜ稼げないのか、ブログを確認していきます。

例えば、下記のようなことが考えられます。

  • 検索上位に表示できていない
  • 記事のクオリティが低い
  • 商品・サービスから遠い記事を書いている

検索上位に表示できていない

すでに「誰に何を売るか」は決まっているので、そのキーワードで記事を書いていくことになります。

狙ったキーワードで検索上位に表示できない場合は、キーワード選定を再チェックしてみましょう。

こちらもCHECK
ブログを書く時のキーワード選定のやり方とコツ【検索順位が上がらない時にやること】

疑問 ブログを書く時のキーワード選定のやり方が分からない。 キーワードを選ぶ時のコツはある? 正しいキーワードを選定できたのか不安・・・。 検索順位で上位を狙いたい場合は、まずはキーワードを選定して、 ...

記事のクオリティが低い

クオリティの定義がいろいろありますが、「E-A-T」を満たす記事になっているかどうかでチェックします。

E-A-Tとは、Googleが独自に定めた3つの評価基準です。

Googleが独自に定めた評価基準「E-A-T」

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

E-A-Tを評価する直接的な指標はありませんが、高品質なページを作るという部分ではSEOの指標が使えます。

はじめたばかりのブログでは、「権威性」を満たすことは難しいのですが「専門性」は可能です。

そのテーマについて詳しく書いてあることが重要です。

商品・サービスから遠い記事を書いている

キーワードには「購入につながりやすいキーワード」と「購入につながりにくいキーワード」があります。

それを見分ける方法の一つにユーザーの検索意図があります。

Knowクエリの記事は、サイトのコンテンツを増やす・ユーザーを購入まで導くのに適した記事です。

しかし、キーワードとしては「使い方」などを利用するため、商品・サービスを購入したユーザーが訪れるページになってしまいます。

そのため、Knowクエリで記事を書いても、自身のサイトで購買につながる可能性は低くなってしまいます。

稼ぐためには、KnowクエリだけでなくDoクエリやBuyクエリを使って、コンバージョンまでの距離が短い記事が必要です。

こちらもCHECK
ユーザーの検索意図を理解するメリットとは?【検索意図からコンテンツを作る】

検索意図(検索インテント)とは、「ユーザーがそのキーワードで検索した動機(目的)」のことです。 検索した動機を知ることで「何を知りたいのか」「何をやりたいのか」を知ることができます。 つまり、検索意図 ...

【まとめ】アフィリエイトで稼げないのはなぜ?

まずは、「誰に何を売るか」を明確にしましょう。

すぐに答えられないのであれば、広告選定が必要です。

一か所で探すよりも、複数のアフィリエイトサイトに登録して探す方が見つけやすいと思います。

メディア(広告を掲載するサイト側のこと)登録はどのアフィリエイトサイトでも無料です。

「誰に何を売るか」が決まっていれば、次にブログをチェックしましょう。

  • 正しいキーワード選定
  • 高いクオリティの記事
  • KnowクエリだけでなくDoクエリやBuyクエリの記事を書く

そして、最後は継続することです。

-アフィリエイト
-, ,