アフィリエイト

ユーザーの検索意図を理解するメリットとは?【検索意図からコンテンツを作る】

検索意図(検索インテント)とは、「ユーザーがそのキーワードで検索した動機(目的)」のことです。

検索した動機を知ることで「何を知りたいのか」「何をやりたいのか」を知ることができます。

つまり、検索意図を理解すれば、ユーザーのニーズにあったページを用意することができるということです。

以下から検索意図を理解してコンテンツを作成するメリットや方法を紹介します。

検索意図を理解するメリットとは?

検索意図を理解すれば、ユーザーのニーズにあったページを作成でき、コンテンツ(ページの集まり)の方向性を決めることができます。

また、コンテンツを作るにあたって、検索意図からアイディアを得ることもできます。

ユーザーの悩みや問題を解決することができれば、サイトやページの評価を高めることができ、ひいては、SEO効果を高めることができます。

検索意図の4つのクエリタイプ

Googleは、ユーザーの検索意図には、大きく4つのクエリタイプがあると述べています。

各クエリには使われやすいキーワードもあります。

4つのクエリタイプ

  • Knowクエリ
  • Goクエリ
  • Doクエリ
  • Buyクエリ

メモ

クエリとは「問い合わせる」という意味をもつ英単語で、検索キーワードが該当します。

Knowクエリ

Knowクエリは、「何かについて知りたいという検索意図」があるもの。

Knowクエリで使われるキーワードサンプル

「マリオ 攻略」
「肌荒れ 原因」
「検索意図とは?」

Goクエリ

Goクエリは、「行きたい、見たいという検索意図」があるもの。

Goクエリで使われるキーワードサンプル

「動物園 東京」
「近くのコンビニ」
「ユニクロ 公式サイト」

Doクエリ

Doクエリは、「何かをやりたいという検索意図」があるもの。

Doクエリで使われるキーワードサンプル

「ゲーム ダウンロード」
「仮想通貨取引所 登録」
「アフィリエイト やり方」

Buyクエリ

Buyクエリは、「Doクエリの中でも買いたいという検索意図」があるもの。

Buyクエリで使われるキーワードサンプル

「化粧品 レビュー」
「テント 口コミ」
「餃子 通販」

コンバージョンに効果のあるクエリタイプは?

4つのクエリタイプ(Know・Go・Do・Buy)のうち、購入や登録(コンバージョン)などに効果があるのは「Doクエリ・Buyクエリ」です。

Doクエリ・Buyクエリのキーワードを使って、ユーザーの目的を達成できればコンバージョンも上がります。

ただし、これらのキーワードは、競合サイトも使うので競争率が高く、上位表示も難しくなっています。

そのため、いろいろなKnowクエリを使って商品やサービスのベネフィットを伝えてから、DoクエリやBuyクエリにわたすのがセオリーになっています。

こうすることでユーザーの購入や登録までの心理的なハードルをさげることができます。

メモ

Knowクエリだけでコンテンツを作っても、知ることで目的を達成したユーザーはページやサイトから離脱してしまいます。
コンバージョンを上げるなら、Doクエリ・Buyクエリと組み合わせて使う必要があります。

ユーザーの検索意図からコンテンツを作る方法

疑問

ユーザーの検索意図からコンテンツを作るにはどうすればいい?検索意図を知る方法は?

ユーザーの検索意図は下記のステップで確認できます。

ユーザーの検索意図を知る方法

  • 検索キーワードを集める
  • 集めたキーワードから動機を考える

検索キーワードを集める

ユーザーの検索意図は、検索キーワードにあらわれます。

そのため、キーワードを集めることが検索意図を知るための最初のステップになります。

サイトやページに訪問してくれたユーザーの検索キーワードは、Search Consoleを使って確認できます。

また、新しいページを作る時のキーワードは、ラッコキーワード(旧関連キーワードツール)や通常のキーワード選定などでも集めることができます。

集めたキーワードから動機を考える

重要なのが、集めたキーワードから「なぜ、ユーザーはその検索を行ったのか」を考えることです。

個人の力量にかかってきますが、考える時に誰でも使える効果的な方法に「なぜ」を使って深堀していく方法があります。

たとえば、ユーザーが「キャリア 比較」というキーワードを使って検索した場合の検索意図を「なぜを使って深堀する」と下記のようになります。

「キャリア 比較」の検索意図

  • 「キャリア 比較で検索したのは」なぜ?
  • 「携帯料金が高いと思った」
  • 「携帯料金が高いと思った」のはなぜ?
  • 「安いスマホのCMを見て気になった」
  • 「安いスマホのCMを見て気になった」のはなぜ?
  • 「安いスマホに買い替えようと思っているから」が検索意図

※もっと深堀していくこともできます。

もし、「なぜ」を使って深堀しても検索意図が分からない場合は、そのキーワードで実際に検索して上位表示されているページを確認してみましょう。

それらのページは、ユーザーの検索意図を理解して作られたページで、検索意図が反映されいるからです。

※Googleはそれを評価して上位表示しています。

検索意図からコンテンツを作成する

上記の手順で、検索意図を正しく把握すれば、どういうページを作成すればよいかが分かってきます。

ここで注意しないといけないのが、すでに検索意図を把握して投稿されたページと内容がかぶってしまうことです。

後発サイトであれば、コピーコンテンツになってしまうため、評価されません。

それを避けるためには、基本的な情報とは別に、差別化のための「付加価値」が必要です。

メモ

基本的な情報がかけてしまうと「テレビなのに映像が見れない(音しか聞こえない)」のと同じです。

テレビという基本機能に、AndroidTVという付加価値を付けると「テレビなのにTVerやプライムビデオが見れる」という新しい価値が生まれます。

サイトでも基本的な情報に加えて、オリジナルの付加情報が重要になります。

※基本情報もコピーはNGです。

付加価値を追加する方法

付加情報の追加にあたって、ユーザーの検索意図が役に立ちます。

前述の例だと、「キャリア 比較」というキーワードの検索から「スマホ 買い替え」という検索意図が分かったので、これを使って関連キーワードを再検索できます。

つまり、検索意図が分かれば、それに関連したキーワードの幅を広げることができるということです。

メモ

キーワードが少ない場合は、検索意図からキーワードの幅を広げる(関連するキーワードを探す)ことで使えるキーワードを増やすことができます。

調べたキーワードをグルーピングしてページに追加できるか、コンテンツとして作成できるかを検討します。

こうすることで、オリジナルコンテンツを作成でき、専門性や網羅性を高めることができます。

【まとめ】ユーザーの検索意図からコンテンツを作る

検索意図を知ることで、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作ることができます。

また、検索意図を理解できれば、そこから関連キーワードを使って、競合サイトとかぶらないページやコンテンツを作成できます。

-アフィリエイト
-, ,