SEO PoserSuiteが5/21~23までセール!
※RankTrackerではなく「SEO PoserSuite」のセールです。3年契約で82%、1年契約なら75%割引。日が変わると割引率も低下します。

リードコピーは必要なのか?「私は読み飛ばす」という人は要注意!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

疑問

「リードコピーは必要なの?私は読み飛ばすことが多いけど。」

おそらく、多くの人が上記のような疑問を、リードコピー(序文)に持っていると思います。中には「リードコピーが必要という人の気持ちが分からない」という人もいますよね。

しかし、リードコピーを不要と思っているなら要注意です。

この記事では、その理由を説明します。

リードコピーを不要と思ってしまうワケ

「私は読み飛ばす」という言葉から分かる通り、リードコピーいらない派の人は、視点が「自分」になっています。

自分が投稿した記事を読むのは、自分ではなく「他の人」です。

読む人の視点に立って考えると、リードコピーの必要性が分かります。

リードコピーが必要な場面

リードコピーが必要になるのは、その人の「悩み」があいまいな時です。

リードコピーを使って「悩み(ウォンツ・ニーズ)を明文化し、共感して寄り添う」ことができれば、本文まで読み進めてもらえる確率が一気に上がります。

特に、Buyクエリで「迷っている人」にアクションさせるために有効です。

メモ

Buyクエリとは、「商品やサービスなどを購入したい時」に使うキーワード検索のこと。

また、読者が、今まで触れたことのないジャンルやテーマの記事を読む時にも、リードコピーが役立ちます。

例えば、読者が「深海魚」に興味を持って、初めて記事を読もうとした時に、リードコピーで内容を説明すれば、ユーザーが理解しやすくなります。

目次だけで十分?

理解のしやすさであれば、「目次」だけで十分と思うかもしれません。

しかし、目次だけではユーザーの悩みに「共感して寄り添う」のは不可能です。

例えば、友達に悩みを相談した時に、解決方法をリストで見せられたらどうでしょうか?それよりも、「そうだったの?じゃあ、こういう方法はどう?」というように、共感してから解決方法を提案された方が受け入れやすいですよね。

相手の気持ちをきいて、共感するなら、箇条書きよりも文章の方が優れています。

自分の視点で判断しないように注意する

リードコピーがいらないと思ってしまう背景には「自分の視点で判断してしまう」ということがあります。

記事を書く時に、どうすればこれを防げるかを紹介します。

自分視点を防ぐ方法

自分視点を防ぐのに使えるのが「ターゲティング」や「ペルソナ」です。

これらを使って「他の人の考えや行動を吸収し、その人になりきって考える(他人視点)」ことができれば、他人の視点で物事を判断できます。

ターゲティングなどを使わない場合は、無意識のうちに「自分の行動を元に、他の人の行動を予測する」ということをやってしまいます。これでは「自分視点」と変わらない注意しましょう。

リードコピーが不要な場面

とはいえ、リードコピーがそれほど必要ではない場面もあります。

リードコピーが不要な場面

リードコピーがいらなくなるのは、「悩み」が明確な時です。

例えば、「飛行機の飛び方」を知りたい人に対して、リードコピーで明文化する悩みはありません。この場合は、簡単な概要説明で十分です。

特にKnowクエリでは、この傾向が強くなります。

メモ

Knowクエリとは、「ある事柄について知りたい時」に使うキーワード検索のこと。

また、メタタグ(titleタグ、descriptionラグ)に、適切なキーワードを埋め込んでいれば、検索結果で自分の悩みを解決できるかどうかの検討がつくため、読み飛ばされることも多くなります。

このように、悩みが明確な時や回答予測ができている場合は、リードコピーそれほど重要ではありません。

まとめ:誰に向けて記事を書くかが重要

以上をまとめると、「悩みが明確になっていない人に向けて記事を書く時はリードコピーが重要!」ということです。

自分の行動から他人の行動を予想するのではなく、他人視点になることで、リードコピーが重要かどうかが分かります。他人視点になる時に、ターゲティングやペルソナを使うと効果的です。

これで「ターゲットを決める意味」と「リードコピーの必要性」がつながったと思います。

ターゲットをしぼって、それを必要としている人に、響くリードコピーが書ければ大成功です!

  • 2022年ブログをスタート
  • マイペースにブログを更新中
  • ブログ収益、5桁継続中
  • コアアップデート被弾経験あり

-ライティング
-, ,