アフィリエイト

読んでもらえるブログ記事の構成【4つのパートに分けて考える】

疑問

ブログ記事の書き方が分からない・・・

ユーザーに何かしらのアクションをしてほしいのであれば、アクションのための動機が必要です。

動機は、記事を読んでもらうことでユーザーの中に少しずつ作っていくことができます。

以下から、ユーザーに読んでもらえる記事の構成を紹介します。

ブログ記事の構成

文章構成をテンプレート化するために、どういう構成で文章を書くかを紹介します。

まずは、ブログ記事を大きく4パートに分けます。

ブログ記事を構成する主要な4パート

  • キャッチコピー
  • リードコピー
  • ボディコピー
  • クロージングコピー

ブログ記事を4パーツに分ける

各パートについて説明していきます。

キャッチコピー

キャッチコピーは「記事タイトル」のことです。

キャッチコピーでは、下記の2つの要素を入れます。

  • SEOキーワードを含める
  • ベネフィットを含める

SEOキーワードは検索エンジン対策に必要な文字で、ベネフィットはユーザーを引き付けるのに必要な文字です。

両方が入っているキャッチコピーがベストです。

考える時はそれぞれを別々に考えて、つなぎ合わせます。

ブログ記事タイトルに、キーワードと魅力的なコピーを合わせる方法

ブログの場合は、Appleのような「No Music No Life」みたいなキャッチコピーは必要ないです。

「分かりやすいか」と「魅力的か」だけを考えましょう。

SEOキーワードは左側によせる

SEOキーワードは左側に持ってきた方がSEO効果が高くなります。

ただし、左側にベネフィットを持ってきて、競合サイトのタイトルと差別化することもできます。

使い分けが必要です。

ベネフィットはメリットと違う

ユーザー用コピーでは、できるだけ「ベネフィット」を伝えます。

ベネフィットは、ユーザーが得られる「満足感・うれしい未来」のことです。

メリットと間違いやすいのですが、メリットは「機能」で、ベネフィットはメリットによって「得られる効果」です。

  • マイナスイオン搭載のヘアドライヤー(メリット)
  • さらさらツヤツヤな髪になるヘアドライヤー(ベネフィット)

この違いを知るだけで、キャッチコピーの質が大きく変わります。

ベネフィットで「数値」を使えば、さらに魅力的に伝えことができます。

リードコピー

リードコピーは、キャッチコピーで誘導したユーザーを、ボディコピーへと読み進めてもらうための文章です。

3~4行程度でも十分で、ユーザーの気持ち(悩み)を代弁して、その解決方法がこの記事にあると伝えます。

例えば、下記のような感じです。

髪にツヤがないと、すごい老けて見えたり、汚く見えます。
ですが、ちょっと手間をかけるだけで、潤いとツヤのある髪になり、若く見られることができます。
その方法をこれから紹介します。

「どうやるの?」という疑問を持たせれば、次へ読み進めてもらえます。

SEOを意識しすぎて、無駄に文章を長くする必要はないです。

ただし、キャッチコピー(記事タイトル)で使えなかったキーワードを含んだりすると効果があります。

ボディコピー

ボディコピーは、ユーザーが納得するように情報を伝えるパートです。

「何をどう伝えるか」で使えるのがPREP法です。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(実例・具体例)
  • Point(結論)

論理的に説得するのに適しています。

特定の行動をしてほしい時(Doクエリ)や、商品を購入してほしい時(Buyクエリ)に使います。

情報を提供する時(Knowクエリ)で、あまりかたいイメージが必要ない場合は、SDS法が便利です。

SDS法とは?

SDS法とは、下記の頭文字をとった文章です。

  • Summary(概要)
  • Details(詳細)
  • Summary(概要)

短時間で分かりやすく説明するのに適しています。

最初に概要を伝えて「なぜなら、〇〇だから」というように、シンプルに伝える方法です。

クロージングコピー

クロージングコピーは、セールスライティングだとオファーですが、ブログ記事なら「まとめ」を書きます。

PREP法の「Point(結論)」をここに書きます。

【まとめ】読んでもらえるブログ記事の構成

記事を読んでもらえれば、ユーザーをアクションにつなげることができます。

そのための記事構成は、下記のとおりです。

ブログ記事を構成する主要な4パート

  • キャッチコピー
  • リードコピー
  • ボディコピー
  • クロージングコピー

ボディコピーとクロージングで合わせてPREP法を使うと大きな流れが作れます。

全ての記事をPREP法を使って書く必要はありませんが、ユーザーにアクションをしてほしい(Buyクエリ)では効果を高めることができます。

クエリについて
ユーザーの検索意図を理解するメリットとは?【検索意図からコンテンツを作る】

検索意図(検索インテント)とは、「ユーザーがそのキーワードで検索した動機(目的)」のことです。 検索した動機を知ることで「何を知りたいのか」「何をやりたいのか」を知ることができます。 つまり、検索意図 ...

-アフィリエイト
-,