アフィリエイト

【有料SEOツール】COMPASSってどうよ?買い切りで順位チェック&キーワード選定ができる

2021年4月9日

疑問

有料のSEOツール「COMPASS(コンパス)」ってどうよ?

実際に「COMPASS(コンパス)」を購入して使ってみました。

COMPASS(コンパス)は「キーワード選定」「順位チェック」「URL解析」が使える有料SEOツールです。

購入ページが「あやしいトップページ」なので躊躇してしまいますが、この手のツールにはめずらしく「買い切りタイプのSEOツール」です。

COMPASSトップページ

実際どうなのか、購入して使ってみた感想を紹介します。気になっている人がいれば参考にどうぞ!

\買い切りの順位チェックツール!/

COMPASS(コンパス)購入ページはこちら

COMPASS(コンパス)は本当に使える?

疑問

COMPASS(コンパス)は本当に使えるのか?お金を払って購入する価値はあるのか?

ここは、一番気になるところですよね。

実際に使ってみた感想は、使えるツールだと思います。新規記事を投稿した後の「順位チェック」や「記事を書く時のキーワード選定」で使っています。

「キーワード選定」で使う場合は、注意する点があります(後述)。使える機能から順番に紹介していきます。

COMPASS(コンパス)でできること

有料SEOツール「COMPASS(コンパス)」で主にできることは下記の3つです。

  • 【機能1】キーワード選定・競合分析
  • 【機能2】検索順位チェック
  • 【機能3】URL解析

「検索順位チェック」と「キーワード選定」が、この買い切りツール一つでできるのは便利です。

【機能1】キーワード選定・競合分析

関連キーワードを抽出して、そのキーワードがどのくらいの記事で使われているか、また、そのキーワードを使っている競合を確認できます。

COMPASS(コンパス)は、検索順位のチェックだけでなく、「キーワード選定・競合分析」も使えるのが大きなメリットです。

競合の総被リンク数やページランク・ドメインの強さを確認できます(下記画像参照)。

この機能のメリットは、「競合が使っているキーワードを避けて、ブルーオーシャンキーワードを探すことができる」という点です。

キーワード検索であれば、無料で使える「ラッコキーワード(旧:関連キーワードツール(仮名・β版))」がありますが、どのキーワードにどれくらい競合がいるのかまでは分かりません。

それが分からないまま、ただ抽出したキーワードを使って記事を書いても「全然上位に表示されない・・・」ということが起きます。

COMPASS(コンパス)を使えば、自分が書こうとしている「キーワード」に「どのくらいの競合がいるか、またその競合の強さ」が分かるので、どのキーワードで記事を書けば上位表示されやすいか、逆にどのキーワードは上位表示が難しいかが分かります。

メモ

「とにかく100記事書く」というのを「上位表示されやすいキーワードを抽出して書く」に変えることができるので、無駄な記事作成時間を減らすことができます。

よく100~1000impのキーワードを記事にするとよいと言われますが、COMPASS(コンパス)には「月間検索数」を自動で取得する機能はないので、Googleアドワーズで補うことでキーワード選定効率が高まります。

下記画像の「月間検索数・CPC関連」はGoogleアドワーズから読み込んだものです。

ただし、この「キーワード選定」だけを目的でCOMPASS(コンパス)を購入すると、期待はずれになります。

理由は、この機能は「MOZ-API(無料版)」を使っているので、利用上限に達すると使えなくなり分析もできなくなってしまうからです。

メモ

MOZ-API(無料版)の利用上限は「2500リクエスト/月」で、上限に達すると使えなくなります。ただし、1カ月たつとリセットされまた利用できるようになります。大量のキーワードを解析するとあっという間に上限に達してしまうので注意が必要です。

MOZ-APIの認証キーは、自分で取得して登録します(取得方法もCOMPASSのマニュアルに同梱されています)。

以前は利用上限に達してしまった時のために、COMPASS側で用意している共有APIキーがありましたが、最新版ではなくなってしまいました。

メモ

MOZ-APIの分析はオン・オフができ、オフにすると分析速度が格段にあがります。
ただし、APIを利用している項目(実被リンクなどの項目)は表示されなくなります。

「キーワード選定」を使う場合は、必要以外はMOZ-APIをオフにして、Googleアドワーズで抽出したデータを使えば効率よく分析できます。

【機能2】検索順位チェック

指定したキーワードに対して、自分のサイトが「検索何番目に表示されているか」を確認できる機能です。COMPASS(コンパス)でメインで使う機能です。

PC順位だけでなく、スマホ順位も確認でき、順位履歴(ヒストリー)を線グラフで見ることもできるので変動も一目でわかります。

類似の検索順位チェックツールといえば、

  • GRC
  • Rank Tracker

が有名です。が・・・使うと分かりますが基本的にはどちらも課金しないと、機能を十分に体験できません。

GRCには無料版がありますが、検索順位をチェックできるキーワードが10個なので、新しく投稿した記事のキーワードを次々登録してチェックするのは難しいです。

また、Rank Trackerの無料版では、順位チェックのために入力した情報を保存できないので、起動するたびに設定とキーワードの再入力が必要になります。こちらは無料版を継続して利用するのはほぼ不可能です。

その点、COMPASS(コンパス)は買い切りで、サイトもキーワードも登録制限なく使うことができます。

COMPASS(コンパス)で対応している検索エンジンは、GoogleとYahooのみでBingには対応していませんが、ほとんどの流入はこの2つの検索エンジンからなので問題ないと思います。

COMPASS(コンパス)のデメリットは、他のツールに比べて、分析にやや時間がかかる点です。500以上のキーワードになると結構時間がかかってきます。

なお、「検索順位チェック」はMOZ-APIを利用していないので、MOZ-APIの利用制限がかかっていても使えます。

【機能3】URL解析

URL解析は、特定のURLを入力して被リンク数などを解析できる機能です。

自分のサイトのURLを入力して解析すれば、MOZのAPIの機能で自分のドメインパワー(Domain Authority)が分かります。

また、競合サイトのURLを入力すれば、

疑問

「このページはなんで上位なの?」
URL解析を使ってみよう!
あーこのサイト被リンク多いな・・・って自作自演じゃん」
というのが分かる機能です。

それほど重点的に使う機能ではないのですが、競合分析をしたい場合は頻繁に使うことになるかもしれません。

「URL解析」はMOZ-APIを使っているので、使い過ぎるとMOZ-APIの利用制限にひっかかってしまいます。

COMPASS(コンパス)の販売価格

COMPASS(コンパス)販売価格についてです。

順位チェックツール機能を「COMPASS」「GRC」「Rank Tracker」と比較した一覧です。

COMPASS GRC
(無料版)
GRC
(ベーシック)
Rank Tracker
(プロフェッショナル)
価格 8,778円
(買い切り)
無料 495円/月
4,950円/年
149ドル/年
(16,241円/年※109円換算)
検索エンジン ・Google
・Yahoo
・Google
・Yahoo
・Bing
・Google
・Yahoo
・Bing
・Google
・Yahoo
・Bing
・その他多数
キーワード 無制限 10 500 無制限
サイト 無制限 3 5 無制限

GRC(無料版)と比較した場合

GRC(無料版)は、登録できるキーワード数が少ないのですが、がんばれば使うことは可能です。

ただ、結局はキーワードの切り替えが面倒になって、GRC(ベーシック)を月または年で契約して利用することになると思います。

登録できるキーワードが少ないと、新しく書いた記事の効果測定ができないというのがデメリットです。

Rank Trackerと比較した場合

Rank Tracker無料版は、初期設定ができず履歴が保存できないので、基本的に課金しないと使えない順位チェックツールです。

機能的にはRank Trackerはかなり優秀で順位チェック速度も快適ですが、個人で使うには年間149ドルという価格がネックになります。

Rank Trackerは無料版でも使える機能があります。下記のページで紹介しているので参考にしてください。

こちらもCHECK
【Rank Tracker】無料版でも使える超優良機能を紹介!

疑問 Rank Tracker(ランクトラッカー)は、無料版だとほとんど使えないって聞いたけどどうなの? 無料版では、ランキング履歴やプロジェクトの保存ができず、画面の文字のコピペすらできないので、ラ ...

続きを見る

ある程度収益が上がってきたら、Rank Trackerに乗り換えるというのもいいと思います。

COMPASS(コンパス)の費用対効果は?

一方、「COMPASS(コンパス)」は買い切りの「8,778円」です。初期費用はGRC年払いの2倍ですが、3年以上継続して使うのであればCOMPASS(コンパス)の方が費用対効果は高くなります。

検索順位チェックツールのような継続利用するツールは、月額課金よりも買い切りの方がお得なのは言うまでもありません。

また、GoogleやYahooで仕様変更があった場合や、問題点や改善点が発生した時のバージョンアップも無料なので長期利用でも安心です。

\買い切りの順位チェックツール!/

COMPASS(コンパス)購入ページはこちら

COMPASS(コンパス)導入は大変!?

COMPASS(コンパス)は、導入までが少し大変かもしれません。

ただし、詳しい導入マニュアルがあるのでそれに沿って作業を進めれば初めての人で導入可能だと思います。

大まかな導入フロー

  • JAVAプログラムインストール(インストールしてない場合)
  • ライセンス登録
  • COMPASS(コンパス)インストール
  • MOZアカウント作成(API情報取得)

COMPASS(コンパス)ダイジェスト動画

【結論】COMPASS(コンパス)はおすすめ

COMPASS(コンパス)は「買い切り」なので、月額料金が発生しないという点がおすすめです。

初期費用は他よりかかりますが、長く使えば費用対効果は高くなっていきます。

機能的には、新しく記事を投稿した時にキーワード登録して、記事の順位を確認する「順位チェック機能」の利用がメインになります。

順位チェック速度はRank Trackerと比較すると遅いのがデメリットです。

この他、Googleアドワーズから抽出したキーワードを「キーワード選定(MOZ-APIはオフにする)」で分析し、競合が少ないキーワードを見つければ、記事作成時間を節約できます。

基本的な利用は「順位チェック機能」を使った効果測定で、「キーワード選定」はオプションと思っておけば満足できツールです。

収益化できるまではCOMPASS(コンパス)を使って、余裕がでてきたらRank Trackerに乗り換えてもいいと思います。

また、COMPASS(コンパス)の本体とは別に、無料で「初心者向けのアフィリエイト稼ぎ方特典」が付いてきます(特典は変わるかもしれません)。

\買い切りの順位チェックツール!/

COMPASS(コンパス)購入ページはこちら

-アフィリエイト
-,

© 2021 WPORZ