アフィリエイト

SEOツール「COMPASS」のキーワード選定の使い方を徹底解説【お宝キーワードを見つける方法】

2021年9月12日

疑問

COMPASS(コンパス)でお宝キーワードを見つける方法は?
キーワード選定の使い方を知りたい!

有料SEO分析ツールの「COMPASS(コンパス)」は、検索順位チェック以外にも、キーワード選定ができます。

このキーワード選定の機能を使って、お宝キーワードを見つけることができます。

この記事では、COMPASSのキーワード選定の使い方と、解析結果からお宝キーワードを見つける方法を紹介します。

COMPASSのキーワード選定の使い方

COMPASSでは、下記の方法からキーワード選定ができます。

COMPASSのキーワード選定の方法

  • 直接or関連
  • トレンド
  • CSV(読み込み)【おすすめ】

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のキーワード選定方法3種類

「直接or関連」では、指定したキーワードに関連するキーワードや競合サイトの利用状況などを確認することができます。

「トレンド」では、一時的に検索数がアップしているトレンドキーワードを確認できます。

「CSV(読み込み)」では、Googleアドワーズのデータを読み込んで使います。

キーワード選定の流れ

COMPASSでのキーワード選定の流れは、下記のようになります。

キーワード選定の流れ

  • 気になるキーワードを抽出する
  • 抽出したキーワードを解析する
  • 解析データを元にキーワードを選定する

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のキーワード選定の流れ

まず、気になるキーワードや関連キーワードを抽出します。この作業は、関連キーワードツール(ラッコキーワード)と同じです。

次に、抽出したキーワードに情報(intitle、allintitle、MOZ-API情報等)を付け加える解析作業を行います。

そして、付加した情報を元に、お宝キーワードかどうかを判定する流れになっています。

以下から、キーワード選定機能の使い方を解説していきます。

「直接or関連」のキーワード選定の使い方

最初の画面で「直接or関連」をクリックするとキーワード入力画面が表示されます。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)の「直接or関連」でキーワード選定する方法

キーワードを抽出する

キーワード入力欄に自分がチェックしたいキーワード(ビックワード)を入力して、「キーワード拡張」と「掘り下げ階層」を設定します。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のキーワード抽出時の設定項目

キーワード拡張の設定

キーワード拡張では、下記の項目にチェックをいれます。

・関連ワード(推奨予測)
・虫眼鏡ワード(Yahoo)

「関連ワード(網羅)」はチェックしません。抽出に時間がかかる割に成果があまりありません。

※必要に応じてYoutube関連ワードにチェックを入れます。

掘り下げ階層の設定

階層の掘り下げでは、取得したキーワードからさらに別の連結キーワードがないかをチェックしてくれます。

設定数値は「0」でOKですが、キーワードが少ない場合は、「1(または2)」に変更して確認します。

上記の2つを設定したら、「キーワード拡張ピックアップ」ボタンをクリックするとキーワードの抽出が始まります。

※「拡張なしで追加」ボタンをクリックすると、キーワード入力欄に入力したキーワードが解析リストに追加されるだけで、関連キーワードの取得はありません。

抽出が完了したら、解析が必要ないキーワードの行をクリックして「削除」ボタンで削除します。

削除が全て終わったら「すべて追加して閉じる」ボタンをクリックします。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のキーワード抽出結果(拡張完了)

キーワードを解析する

最初の画面に戻って、解析リストにキーワードが追加されているのを確認したら「解析開始」ボタンをクリックします。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)でキーワードを解析する

サーチ項目設定が表示されるので、設定したら「この条件で開始」ボタンをクリックします。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のサーチ項目の設定内容

おすすめの「サーチ項目設定」内容は下記の通りです。

項目名 内容 おすすめ設定
キーワード
サーチ解析範囲
競合サイトの上位を何位までを取得するか 10(推奨)
キーワードinTitle ページタイトルに対する
キーワード含有率
2項目ともチェック必要
Topサイト集計関連 上位ページのinTitle率 必要
SEO moz解析関連 Moz関連項目のデータ抽出 不要(任意)
※チェックすると解析に時間がかかる
METAキーワード関連 上位サイトに含まれるキーワード取得 不要
Youtube解析
(解析範囲準拠)
競合サイトの上位にYoutubeページが入っているか 任意

Topサイト集計関連

「Topサイト集計関連」は、上位ページのタイトルに含まれているキーワードの率がわかります。

ただし、「キーワードサーチ解析範囲」の設定数が10以下だと、正しく率が表示されません。

SEO moz解析関連

「SEO moz解析関連」は、MOZ-APIを設定していると使えます。

チェックをオンにすると解析に時間かかるので、基本的にチェック不要です(詳細は後述)。

※「キーワードサーチ解析範囲」で設定した競合分析にもMOZ-APIが使われるので、設定した数値が大きいほど時間がかかります。

METAキーワード関連

「METAキーワード関連」は、設定したキーワードを分析しながら、新しいキーワードが追加されます。

しかし、追加されるキーワードは、ビックワード(1語)の場合が多いので、解析する意味がありません。

解析に時間がかかってしまうのでチェック不要です。

キーワードを選定する

「SEO moz解析関連」をチェックしていない場合の解析結果は下記のようになります。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のintitle・allintitleに注目する

表示される項目は少ないのですが、注目するのは、intitleとallintitleの列です。

intitleの数値が大きく、allintitleの数値が小さいキーワードはお宝キーワードの可能性があるキーワードです。

intitleとallintitleを確認すればよい理由については、下記の記事で詳しく説明しているので参考にしてください。

こちらもCHECK
【intitle・allintitleとは?】ブログで稼げるキーワードの見つけ方

疑問 intitle・allintitleとは? これを使って、ブログで稼げるキーワードを見つけられるの? intitleとallintitleは、Googleの特殊検索コマンドです。 この二つのコマ ...

なお、「直接or関連」の場合は、検索ボリュームのチェックも必要です。

実際にどれくらいのアクセスが見込めるか(検索ボリューム)を確認しておかないと、全くアクセスのないキーワードで記事を書くことになります。

無駄な作業をしないようにGoogleアドワーズで検索ボリュームをチェックします。

まず、allinTitle件数のタイトルをクリックして「昇順ソート」して、「intitleの数値が大きく、allintitleの数値が小さいキーワード」からめぼしいものを「Ctrl+クリック」でコピーします。

COMPASSで抽出したキーワードをallintitleで昇順ソートして、必要なキーワードをコピーする

Googleアドワーズの「キーワードプランナー」に移動して、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を開きます。

Googleアドワーズの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」ツールをクリックする

先ほどコピーしたキーワードをペーストして「開始する」をクリック。

COMPASSでコピーしたキーワードをGoogleアドワーズの検索ボリューム確認ツールにペーストする

結果画面から、検索ボリュームとCPC(クリック単価)をチェックします。

Googleアドワーズに表示された検索ボリュームとCPCをチェックしてキーワード選定をする

検索ボリュームがあれば、検索上位に記事がランクインすれば、流入が見込めます。

また、CPC(クリック単価)が表示されているキーワードは、広告主がお金を出して広告掲載しているので、そのキーワードに価値があると考えられます。

これらのキーワードも選定候補として使えます。

※ただし、広告が最初に表示されるので、記事がクリックされる確率はやや低くなります。

以上が、COMPASSの基本的なキーワード選定方法です。

「SEO moz解析関連」を設定するメリット・デメリット

MOZ-APIを設定していると、下記の項目を解析できます。

※ただし、無料のMOZ-APIには利用回数制限があるので、その制限を超えると解析できなくなります。

「SEO moz解析関連」で解析できる項目

  • 【External Links】競合サイトのページに対するドメインベースのリンク数
  • 【Links】競合サイトのページに対するページも含めたリンク数
  • 【moz Rank】MOZが独自に算出したページのランク
  • 【Page Authority】MOZが算出したページの価値
  • 【Domain Authority】MOZが算出したドメインの価値

抽出したキーワードを使っている競合サイトの強さなどがわかるので、その市場に参入するかどうかの判断には使えます。

一方で、チェックを有効にすることで、処理速度がめちゃくちゃ遅くなります。

遅くなる原因としては「キーワードサーチ解析範囲」で設定した件数分、サイト分析をするので数値が高いほど時間がかかります(10件でもかなりかかります)。

ですので、基本的にはチェックをはずして、分析したほうが無難です。

なお「SEO moz解析関連」を設定している場合の分析結果は下記のようになります。

※赤枠部分が「SEO moz解析関連」設定時に表示される項目です。

【有料SEOツール】COMPASS(コンパス)のMoz-API設定時の解析結果画面

「トレンド」のキーワード選定の使い方

COMPASSでは、トレンドワードを取得してキーワード選定することもできます。

COMPASS(コンパス)でトレンドのキーワード設定を使う方法

トレンドブログを運営している人や、これからはじめようと思っている人にとっては便利な機能です。

トレンドキーワードを抽出する

トレンドワード取得先を選択して、「トレンドワード取得開始」ボタンをクリックすると、トレンドワードの抽出がはじまります。

COMPASS(コンパス)のトレンドサーチで設定する項目

「虫眼鏡ワード」と「関連ワード(予測)」

この二つの項目は、取得した「トレンドワード」をさらに掘り下げて抽出する時にチェックすると有効です。

両方にチェックすると、1階層掘り下げるだけでも時間がかかるので、どちらか一つで十分です。

おすすめは「関連ワード(予測)」です。

トレンドキーワードを解析する

抽出が完了したら、トレンドサーチ画面にある「選択ワードを関連入力に追加して閉じる」ボタンをクリックすると、「直接or関連」のキーワード入力画面にキーワードをコピーすることができます。

さらに個別にキーワードを抽出したい場合に使えます。

この他に「選択中ワードを追加」や「すべて追加して閉じる」ボタンをクリックすると解析画面にキーワードをコピーして解析をスタートさせることができます。

以降の作業は前述の「キーワードの解析開始する」と同じです。

COMPASS(コンパス)のトレンドサーチによるキーワード抽出結果画面

「CSV(読み込み)」のキーワード選定の使い方

「CSV(読み込み)」では、Googleアドワーズのキーワードプランナーで抽出したデータを読み込んで解析することができます。

キーワードプランナーのデータを読み込むメリットは、検索ボリュームを一緒に確認できることです。

メモ

キーワードプランナーで利用できるのは「新しいキーワードを見つける」で抽出したデータです。「検索のボリュームと予測のデータを確認する」で抽出したデータは使えません。

キーワードプランナーでキーワードを抽出する

Googleアドワーズのキーワードプランナーで「新しいキーワードを見つける」を選択します。

COMPASS(コンパス)で使えるのはキーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」側のみ

「キーワードから開始」タブを選択してビックワード(1語)を入力して「結果を表示」ボタンをクリックします。

キーワードプランナーでキーワードを抽出する

キーワードが抽出できたら、「キーワード候補をダウンロード」ボタンをクリックして、リストから「CSV」を選択します。

キーワードプランナーで抽出したファイルをCSVファイルに出力する

CSVファイルのキーワードを解析する

COMPASSに戻って「CSV読み込み」をクリックして、ファイル読み込み画面を表示させます。

COMPASS(コンパス)でGoogleアドワーズのCSVファイルをキーワード選定する方法

先ほど出力したCSVデータ選択すると解析画面にデータが読み込まれます。

COMPASS(コンパス)でキーワードプランナーで出力したCSVファイルを読み込む

解析しなくてもよいデータがある場合は、削除してから「解析開始」ボタンをクリックします。

以降の作業は前述の「キーワードの解析開始する」と同じです。

検索ボリュームを含めてキーワードを選定する

intitleとallintitleの数値を確認しながら、お宝ワードを確認していくのは同じですが、それと一緒に検索ボリュームもチェックしていきます。

COMPASS(コンパス)でキーワードプランナーだと検索ボリュームもチェックできる

下記の条件にあうキーワードを選定できれば、それがお宝キーワードになります。

お宝キーワードの条件

  • intitleの件数は多い
  • allintitleの件数は少ない
  • 検索ボリュームは多い

【まとめ】COMPASSのキーワード選定の使い方

COMPASSでは、下記の方法でキーワード選定ができます。

COMPASSのキーワード選定の方法

  • 直接or関連
  • トレンド
  • CSV(読み込み)【おすすめ】

「CSV(読み込み)」は、キーワードプランナーで抽出したキーワードをCSVファイルにして読み込ませる方法です。

※検索ボリュームも一緒にチェックできるので一番おすすめの方法です。

COMPASSのキーワード選定のフローは、下記のようになっています。

  • 気になるキーワードを抽出する
  • 抽出したキーワードを解析する
  • 解析データを元にキーワードを選定する

「CSV(読み込み)」の場合は、気になるキーワードの抽出は、キーワードプランナー側で行うので、キーワードの解析以降でCOMPASSを使います。

解析データから下記のキーワードを見つけます。

お宝キーワードの条件

  • intitleの件数は多い
  • allintitleの件数は少ない
  • 検索ボリュームは多い

これがCOMPASSでできるキーワード選定です。

COMPASSはキーワード選定以外にも、検索順位チェックツールとして使えます。

こちらもCHECK
【有料SEOツール】COMPASSってどうよ?買い切りで順位チェック&キーワード選定ができる

疑問 有料のSEOツール「COMPASS(コンパス)」ってどうよ? 実際に「COMPASS(コンパス)」を購入して使ってみました。 COMPASS(コンパス)は「キーワード選定」「順位チェック」「UR ...

-アフィリエイト
-, , ,