有料WordPressテーマのSWELLとAFFINGER6を比較【どっちがおすすめ?】

2022年6月2日

疑問

ワードプレステーマのSWELLとAFFINGERは、どっちがおすすめ?

「SWELL」と「AFFINGER6」はどちらも優れたWordPressテーマなので、どちらを選んだらよいか迷ってしまいます。

価格、特典、表示速度、エディターなどの項目を比較して、パターン別にSWELLとAFFINGER6のどちらがよいかを紹介します!

有料WordPressテーマのSWELLとAFFINGER6を比較


SWELLとAFFINGER6の違いを一覧表で比較すると下記のようになります。

SWELL AFFINGER6
価格 17,600 円(税込) 14,800 円(税込)
セール 基本なし 基本なし
特典 なし あり
表示速度
エディター ブロックエディター ブロックエディター
クラシックエディター
見出しデザイン 〇可能 〇可能
文字装飾
便利機能
目次 SWELLのみで設定可 プラグインが必要
メタタグ設定 プラグインが必要 AFFINGER6のみで設定可
Googleアナリティクス設定 プラグインが必要 AFFINGER6のみで設定可
sitemap.xml機能 プラグインが必要 プラグインが必要
設定項目 〇普通 △多い
複数サイトで使いまわせる 〇可能 〇可能

各項目について補足していきます。

価格

価格は、SWELLの方が2,800円ほど高いです。

セール

基本的にどちらもセールはありません。

なので、値段が下がるまで待つのは無謀かもしれません。

AFFINGER6 ACTION PACK3に関しては、年始などにセールを開催することがあります。

メモ

AFFINGER6 ACTION PACK3は、AFFINGER6EX(AFFINGER6にいろいろな機能が追加されたテーマ)と有料プラグインがセットになったテーマです。

特典

特典は、テーマ購入時に付いてくるおまけです。

AFFINGER6には「WordPressで作る記事作成ガイド」や期間限定特典の「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)LITE」がついています。

また、個人で特典を付けて販売している人もいます。

SWELLにはテーマ購入時の特典はありません。

表示速度

SWELLとAFFINGER6のテーマ表示速度をPageSpeed Insightsで比較してみました。

AFFINGER6はGoogleフォントとFontAwesomeをオフにした状態で検証しています。

モバイル表示における記事ページの表示速度はSWELLの方が速いです。

※左がAFFINGER6、右がSWELLになっています。

【SWELLとAFFINGERの速度を比較】モバイル表示ではSWELLの方が速い。

念のために別の記事ページもモバイルで比較してみましたが、SWELLの方が速いかったです。基本的に表示速度はSWELLの方が有利という結果になりました。

【SWELLとAFFINGERの速度を比較】モバイル表示では複数のページで確認したがSWELLが速かった

なお、パソコン表示はどちらも同じ程度の表示速度になっています。

【SWELLとAFFINGERの速度を比較】パソコン表示はほぼ同じだが、SWELLの方が若干速い

エディター

SWELLもAFFINGER6も記事を編集するエディターには「ブロックエディター」が使えます。

「ブロックエディター」は、パターンやコマンドを選択していくことで、文字装飾や記事の体裁を整えることができる文章編集機能です。

HTMLを知らない人でも簡単に文字装飾などができます。

SWELLのブロックエディターの見た目は下記のようになっています。

【SWELLのブロックエディターの見た目】

AFFINGER6のブロックエディターの見た目がこちら。

【AFFINGER6のブロックエディターの見た目】

比較すると、SWELLの方がパターンやコマンドを使った後にどのような表示になるかが分かりやすいです。

AFFINGER6はスクロールなしで項目を一覧できるというメリットがあります。

もし、ブロックエディターが苦手でHTML編集ができる「クラシックエディター」使いたいのであれば「AFFINGE6」です。

SWELLでクラシックエディターを入れても、文字装飾などが一切表示されないので使えません。

見出しデザイン

SWELLもAFFINGER6も見出しのデザインが変更できます。

SWELLの場合は、見出し2~4のデザインパターンとキーカラーが変更できます。

SWELLの見出し2のデザインパターンには下記のものがあります。

【SWELL】見出し2のデザインパターン

SWELLの見出しデザイン

  • 見出しのキーカラー
  • 見出し2のデザイン(12パターン※設定なしを含む)
  • 見出し3のデザイン(8パターン※設定なしを含む)
  • 見出し4のデザイン(3パターン※設定なしを含む)

AFFINGER6の場合は、かなり複雑な組み合わせで見出し2~5のデザインパターンを編集できます。

見出し4と5は設定できる項目が見出し2と3に比べて少なくなります。

AFFINGER6の見出し2のデザインパターンには下記のものがあります。

【AFFINGER6】見出し2のデザインパターン

SWELLの見出しデザイン

  • 文字色・背景色・背景色(グラデーション)・ボーダー色・ボーダー色(サブ)
  • ボーダー上下・ボーダー左・ボーダー下の色・ボーダーの太さ
  • テキストの配置位置
  • 背景画像・背景画像の位置
  • 余白
  • 見出し2のデザイン(12パターン※設定なしを含む)
  • 見出し3のデザイン(見出し2と同じパターン)
  • 見出し4のデザイン(4パターン※設定なしを含む)
  • 見出し5のデザイン(見出し4と同じパターン)

SWELLの見出しデザインはリストから選ぶ方式ですが、AFFINGER6は組み合わせが多く、どのデザインパターンがいいのか悩んでしまうかもしれません。

文字装飾

SWELLもAFFINGER6も文字装飾機能があります。

SWELLには、下記の文字装飾があります。

※下記の画像をクリックすると大きい画像でSWELLの文字装飾サンプルの一部を確認できます。

SWELLの文字装飾のサンプル

AFFINGER6にも文字装飾があり、パターン違いが豊富でかなりの数になっています。

使う使わないは別として「テキストアニメーション」(^ _ ^)ルンルン♪もあります。

※下記の画像をクリックすると大きい画像でAFFINGER6の文字装飾サンプルの一部を確認できます。

AFFINGERの文字装飾のサンプル

便利機能

文字装飾以外に、それぞれ独自の便利機能があります。

SWELLには「アコーディオン」、「ステップ」、「FAQ」など独自のブロックがあり、テキストを修正することで見栄えの良いブロックを作ることができます。

AFFINGER6にも「スライド」、「記事一覧」、「カスタムボタン」などがあります。表示されていない機能もあるので(タブメニュー、ランキングなど)、再利用ブロックに登録して、呼び出せるようにしておけば便利です。

【AFFINGER6】便利機能「STINGERブロック」

目次

目次を表示させる機能は、SWELL本体についています。テーマのカスタマイズから表示・非表示の切り替えができます。

【SWELL】目次は本体についている

AFFINGER6の場合は、購入特典で付いてくる「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)LITE」が使えます。

※「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)LITE」はAFFINGERの購入者限定ページからダウンロードできます(配布終了時期は未定)。

【AFFINGER6】目次はプラグインが必要で、期間限定の特典で配布しているSUGOI MOKUJI(すごいもくじ)LITEが使える

WordPressの一般的な目次プラグイン「Table of Contents Plus」を使うこともできます。

自分でカスタマイズしたいのであれば、こちらの方が便利です。

【AFFINGER6】目次はプラグインが必要で「Table of Contents Plus」も使える

メタタグ設定

titleタグ、descriptionタグなどのSEO関連のメタタグ設定は、SWELL本体にはついていないので、「SEO SIMPLE PACK」プラグインを使って設定します。

AFFINGER6本体にはメタタグ設定があるので、プラグインは必要ありません。

【WordPressプラグイン】SWELLでメタタグ設定に使うプラグイン「SEO SIMPLE PACK」

WordPressプラグインの「SEO SIMPLE PACK」は、メタタグ(title、description)を設定するためのプラグインです。 ワードプレステーマ「SWELL」ではメタタグ設定がで ...

Googleアナリティクス設定

SWELL本体には機能がないので「SEO SIMPLE PACK」プラグインを使います。

AFFINGER6本体にはGoogleアナリティクス設定が付いています。

sitemap.xml機能

SWELLにもAFFINGER6にもsitemap.xml機能は付いていないので、プラグインが必要です。

おすすめのプラグインは「XML Sitemap & Google News」です。

【WordPressプラグイン】Googleに通知するためのサイトマップXMLはどれを使えばよい?

Googleにサイトを作ったことや記事を投稿したことを知らせる場合は、サイトマップXMLを使います。 サイトマップXMLは、WordPressプラグインで作成でき、それをSearch Consoleに ...

設定項目

SWELLテーマの設定項目はAFFINGER6と比べると少な目です。

SWELL設定とエディター設定があり、SWELL設定では機能的な設定(キャッシュ機能、遅延読込機能、ページ遷移高速化など)ができ、エディター設定ではデザインやカラーの設定ができます。

一方、AFFINGER6はかなり設定が多いです。

PC・スマホ用グローバルメニュー設定、ヘッダーエリア表示設定、SEO関連設定、表示速度優先設定、フォント設定、広告設定など、テーマ上でいろいろな設定ができるようになっています。

いろいろな設定がテーマ上でできるので、便利な反面、どこに何があるのか把握しきれません。

複数サイトで使いまわせる

SWELLもAFFINGER6も、複数のブログでテーマを使いまわすことができます。

毎回テーマを購入する必要はありません。

ただし、自分のブログであることが前提条件にあります。

SWELLとAFFINGER6のどちらがおすすめ?


パターンに分けて、SWELLとAFFINGER6のどちらがおすすめかを紹介します。

比較条件 SWELL AFFINGER6
価格
特典付き
ブログ初心者
機能
表示速度
ブロックエディターを使いたい
クラシックエディターを使いたい

価格で比較した場合

価格はAFFINGER6の方が安いです。

特典で比較した場合

SWELLに特典はありませんが、AFFINGER6にはついています。特典がほしい場合はAFFINGER6の方がおすすめです。

ブログ初心者の場合

ブログ初心者で、HTMLの知識があまりない場合は、SWELLの方がおすすめです。

価格は高いのですが、ブロックエディターが使いやすく、HTMLの知識がなくても記事を書けるからです。

また、AFFINGER6と比べて設定項目が少なく、とっつきやすいと思います。

機能で比較した場合

機能(文字装飾・便利機能など)で比較した場合は、甲乙つけがたいです。

どちらも独自の便利機能やブロックがあるので、選んで損することはありません。

表示速度で比較した場合

記事の表示速度で比較した場合、SWELLの方がおすすめです。

PageSpeed Insightsの表示結果では、SWELLに軍配が上がっています。

ページの表示速度が遅いとユーザーは離脱してしまうので、格安レンタルサーバーで表示が遅い場合は、SWELLの方が有利です。

ブロックエディターを使いたい

ブロックエディターを使いたいのであれば、SWELLの方がおすすめです。

SWELLはブロックエディターに特化して作られているので、ブロックツールバーなどが使いやすいです。

クラシックエディターを入れて使うメリットがなく、入れても文字装飾や便利機能が表示されないので使えません。

クラシックエディターを使いたい

クラシックエディターを使うならAFFINGER6です。

「記事作成パーツ確認用ダミーページ」から装飾をコピペして使うことができます。

また、クイックタグやを使って装飾をショートカット登録できます。

どちらを購入したらいいか迷った時は?

どちらを購入したらよいか迷った時の判断方法は、主要な項目に絞って考えてみるといいです。

基本はどちらを選んでも損することはありません。

SWELL AFFINGER6
・価格は高い
・特典はない
・表示速度は速い
・ブロックエディターが使いやすい
・価格は安い
・特典はある
・表示速度は少し遅い
・ブロックエディターは少し使いにくい
・クラシックエディターが使える

さらに詳しく知りたい場合は、下記のページを参考にしてください。

SWELLのメリット・デメリット・使ってみた感想
AFFINGER6のメリット・デメリット・使ってみた感想

【まとめ】SWELLとAFFINGER6を比較


どちらも優れたWordPressテーマなのでハズレはありません。

各テーマのデモサイトなどを見て、どちらのデザインが好きかで決めてもいいと思います。

SWELLのデモサイトを見てみる
AFFINGER6のデモサイトを見てみる

-SWELL
-,