SEO効果がでてくるまでの期間はどのくらい?【効果がでない時の対策を紹介】

2022年4月20日

疑問

SEO対策をおこなってから、効果がでるまでどのくらいかかる?1カ月?半年?

ブログやホームページにSEO対策をおこなってから効果がでるまでどれくらいかかるのか気になる人は多いと思います。

実際に効果がでるまでは状況によって異なりますが、目安期間はあります。

SEO対策の効果がでるまでの期間について紹介します。

検索結果に表示されるまでの流れ

まずは、SEO対策を施した後に検索結果に表示されるまでのフローを紹介しておきます。

SEO対策実施からランキングされるまでのフロー

  • 記事にSEO対策を施す
  • サイトマップXMLを送信する(検出)
  • クローラーがサイトを巡回する(クロール)
  • 記事が検索エンジンにインデックスされる(インデックス)
  • ランキングされる(検索結果表示)

SEO対策の効果を確認するには、検出、クロール、インデックス、検索結果表示の4ステップがあり、それぞれ時間がかかります。

そして、インデックスされれば必ずしも順位がつくわけではなく、記事の内容によって圏外(100位以下)のままの場合もあります。

今どの段階かを確認する方法は?

今どの段階なのかは、Search Consoleを使って確認できます。

Search Consoleの「インデックス」>「サイトマップ」からサイトマップを送信すると、「送信」、「最終読み込み日時」、「ステータス」が分かります。

ステータスがエラーになっていなければ「検出」には成功したのでクロールされるまで待ちましょう。

次に「クロール」されたかどうかは、「インデックス」>「カバレッジ」で分かります。

インデックスされると「有効」の部分に数字が表示されるので、クリックすると下部の詳細画面に「有効:送信して登録されました」と表示されます。

その行をクリックするとどの記事がインデックスされたかが分かります。

Search Consoleでインデックスされた記事やエラーを確認する方法

同じように「除外」の部分をクリックすると、下部の詳細画面に除外されている理由が表示されます。エラーや除外にインデックスしたい記事がある場合は修正が必要です。

内容
検出 - インデックス未登録 クローラーによってURLは発見されているけどインデックスされていないページ
クロール済み - インデックス未登録 クロールはされたけど、何かしらの原因でインデックスされなかったページ

SEO対策の効果がでるまでの期間


検索結果に表示されるまでは、サイト(ブログ)の運営期間が短い場合は、1~3カ月くらいのイメージです。

ブログ初心者の場合は、この後、SEO対策(記事内容やページエクスペリエンス対策)で試行錯誤して、上位表示されるまでは半年くらいかかると思います。

最初から上位表示されることもありますが稀だと思います。

インデックスされるまでの期間の目安

順位の前にインデックスされるまでも期間がかかります。

インデックスされるまでの期間は、ドメインパワーが目安になります。

ドメインパワーが低いサイトはインデックスが遅く、高ければ速くなります。

以下、ドメインパワーとインデックスされるまでの期間の目安です(サイト運営期間や記事内容によって差がでます)。

ドメインパワー インデックスされるまでの期間
0~ 1週間~3カ月程度
10~20 1日~1カ月
30~ 数時間~1週間

「ドメインパワー」はパワーランクチェックツールを使って測定できます。

全く順位がつかない

サイト(ブログ)の運営期間が短ければ、最初の1~3か月は順位が付かない可能性がありますが、3か月以上たっても全く順位がつかない場合は、何かしら問題が発生している可能性があります。

チェック項目をいくつか紹介します。

全く順位がつかない時のチェック項目

  • Search Consoleでサイト登録申請する
  • 技術的なエラーがないか確認する
  • WordPressでインデックスを許可する
  • 価値のあるコンテンツを提供する

Search Consoleでサイト登録申請する

始めたばかりのブログやサイトの場合は、Googleにサイトを見つけてもらうために、Search ConsoleからサイトマップXMLを登録しましょう。

サイトマップXMLの送信は、Search Consoleの「インデックス」>「サイトマップ」からできます。

技術的なエラーがないか確認する

robot.txtでクローラーをブロックしていないか、WordPressプラグインのサイトマップXMLの送信で設定を間違っていないかなどを確認しましょう。

インデックスに関するエラーは、Search Consoleの「インデックス」>「カバレッジ」の「エラーや除外」項目で確認できます。

WordPressでインデックスを許可する

WordPressには、サイトをGoogleなどにインデックスさせない(登録させない)チェックボタンがあります。

WordPressの「設定」>「検索エンジンでの表示」にある「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っていたら外しましょう。

価値のあるコンテンツを提供する

インデックスされても、ページに価値がなければ順位がつくことはありません。

検索結果が圏外になる理由

  • 自動生成されたページ
  • 他サイトの記事内容のコピー(酷似しすぎている)
  • 競合サイトが強すぎる
  • YMYLジャンルを扱っている

検索順位で一番重要なのは記事内容なので、技術的な問題をクリアできていれば、ユーザーに価値を提供できているか内容を確認しましょう。

インデックスを加速させる方法

ユーザーに価値を提供できている記事なのにインデックスされない場合は、クローラーが巡回で見つけやすいようにそのページへの内部リンクをいくつか設定しましょう。

また、注目を集める方法には、プレスリリースを出す方法やSNSなどで誘導する方法もあります。

さらに、Google広告などで広告出稿してインデックスを加速させる方法もあります。

SEO対策の効果を確認する方法

疑問

SEO効果はどのように確認すればいい?

確認方法には「Search Console」や「検索順位チェックツール」が使えます。

Search Consoleを使う方法

とりあえず、無料で簡易的にチェックするならSearch Consoleが使えます。

各ページを都度チェックしないといけないのが面倒です(リストにしておきたい場合は手作業の集計が必要)。

やり方は下記で紹介しています。

Search Consoleで検索順位を確認する方法

検索順位チェックツールを使う方法

検索順位チェックツールであれば、指定のキーワードを登録するだけで検索順位を自動でチェックして履歴に残すことができます。

結果が0でも継続集計できるので専用ツールはおすすめです。

PVの増減だけでSEO対策を評価するのはNG

一番やってはいけないのが、PV(ページビュー)が増えた・減っただけでSEO対策を評価することです。

理由は、なぜPVが上がったのか、なぜ下がったのかが分からなければ、SEO対策の効果を検証できていないからです。

たとえば、SEO対策していないキーワードで運よくPVが増えていた場合、それはSEO対策が成功したとは言えません。

そのまま調子にのって、別のページでSEO対策しても効果が得られない可能性が高いです。

逆にPVが下がった時に、なぜ下がったのかが分からないので、「検索エンジンからの流入が減った」だけで終わってしまいます。

もし、検索エンジンからの流入が減ったのが「どのキーワードの検索順位が下がったから」まで分かれば、そのキーワードの強化や競合対策ができます。

「PVが増えたからSEO対策成功」ではなく、どのキーワードで増えたか、減ったかまでをチェックした方がいいです。

これは、別のキーワードやサイトでSEO対策する時にも、役に立つ知識になります。

Search Consoleを使えば、PVが減っているページのURLから検索順位などを確認できます。

Search Consoleで検索順位を確認する方法

【まとめ】SEO効果がでてくるまでの期間は?効果がでない時の対策は?


ブログ初心者で運営期間の短いブログの場合は、インデックスされるまで1週間~3カ月程度かかります。

そこから、試行錯誤してSEO対策を施し、検索上位に表示されるまでは半年くらいかかると思います。

インデックスまでの期間は、ドメインパワーが目安になります。

インデックスされても検索結果に表示されないことがあり、この場合は技術的な問題や記事内容の見直しが必要です。

-副業ブログ
-, ,