【GA4】探索を使って特定ページのPVの増減を月ごとに集計する方法

2022年7月29日

疑問

・特定ページのPVの増減をしりたい。
・PVの増減を月ごとに集計したい。

特定ページのPV(ページビュー)を月ごとに集計して、PVの減少を把握できればそのページを優先的にリライトして改善できます。

GA4では「レポート」>「エンゲージメント」>「ページとスクリーン」で全体PVを確認できますが、特定ページに絞り込むのが難しくなっています。

そのため、この記事ではGA4(Googleアナリティクス4)の「探索」を使って、特定ページのPVの増減を月ごとに集計する方法を解説します。

探索を使って集計する時のデメリット

探索を使って集計は可能ですが、1レポートで設定できる「セグメント」に上限があるため、結果表示にも上限があります。

「セグメント」は上限が10、「セグメントの比較」は上限が4になっています。

なので、チェックしたい特定ページが多ければ多いほど、レポートを複数個作成しないといけません。

以下から実際に表示する方法を解説していきます。

特定ページのPVを取得するためのGA4の設定方法

特定ページのPVを月別集計するために、下記の3つの変数を準備します。

GA4の探索で「空白」を使って新しいレポートを作成して変数を作成またはインポートします。

特定ページ セグメントを使って特定ページを抽出する
月別集計 ディメンションを使って月別集計を可能にする
PV(ページビュー) 指標を使ってPV(ページビュー)を表示する

「特定ページ」のセグメントを作成する

下記のやり方で「特定ページ」をセグメントとして作成します。

セグメントを作成

  • 「セグメント」>「+」をクリック
  • カスタム セグメントを作成の「イベント セグメント」をクリック
  • 「新しい条件を追加」をクリック
  • アイテム検索で「ランディング ページ」を追加(ランディング ページは「ページ / スクリーン」カテゴリーにある)
  • フィルタを追加で「条件(含むや完全一致など)を指定し、チェックしたいURLを入力」
  • 「無題のセグメント」に任意のタイトルをつけて「保存して適用」をクリック

「月別集計」のディメンションをインポートする

月ごとのPVを集計するためにディメンションで「月」をインポートします。

ディメンションをインポート

  • 「ディメンション」>「+」をクリック
  • ディメンション検索で「月」と検索してチェックを入れる(月は「時刻」カテゴリーにある)
  • 「インポート」をクリック

「PV(ページビュー)」の指標をインポートする

PVを表示するために「表示回数」をインポートします。

「表示回数」は同じ人が同じページを複数回閲覧しても全て「表示回数」として加算されます。

指標作成をインポート

  • 「指標」>「+」をクリック
  • 指標検索で「表示回数」と検索してチェックを入れる(表示回数は「ページ / スクリーン」カテゴリーにある)
  • 「インポート」をクリック

これで変数の準備が完了です。

データをグラフに表示する

作成した変数をドラッグ&ドロップして「タブの設定」に設定します。

データを表示するための設定

  • 変数の日付の範囲を確認したい範囲に設定する
  • タブの設定の手法は「自由形式」を選択する
  • 変数の「セグメント」をタブの設定の「セグメントの比較」にドラッグ&ドロップする
  • 変数の「ディメンション(月)」をタブの設定の「行」にドラッグ&ドロップする
  • 変数の「指標(表示回数)」をタブの設定の「値」にドラッグ&ドロップする

これで表(グラフ)が作成できます。

メモ

探索で使うデータは最初は2か月しか利用できないので、「管理」>「プロパティ」>「データ設定」>「データ保持」にある「イベントデータの保持」で14か月に変更しておきましょう。

4つの特定ページを月ごとに編集した例

実際に、上記の方法で4つの特定ページのセグメント変数を作成し、月ごとに集計すると下記のようになります。

GA4の探索で特定URLのPVを月別に集計する

【まとめ】特定ページのPVを月別集計する方法

GA4では「レポート」から各ページのPVを確認できないので、「探索」を使って集計します。

セグメントで特定ページを指定すれば、「特定ページのPVを月別に集計すること」もできます。

ただし、1レポートで表示できるセグメントには上限があるので、チェックしたいページが多いとその分レポートを増やして集計しないといけません。

-Googleアナリティクス
-,