アフィリエイト

Googleタグマネージャー(GTM)でできること・メリットとは?

疑問

Googleタグマネージャー(GTM)は便利といわれるけど、何が便利なの?

よく便利と言われる「Googleタグマネージャー(GTM)」ですが、何が便利なのかわからないという人のために、できること・メリットと基本的な使い方を紹介します。

無料で使えるので、興味があればGoogleタグマネージャーを設定してみましょう。

Googleタグマネージャー(GTM)でできること

Googleタグマネージャー(GTM)が便利といわれのは「いろいろな計測系タグを一元管理できる」からです。

「どこで設定したか分からない」「どういうタグを設定したか忘れた」ということが起きても、一つにまとまっていれば思い出しやすいです。

また、一度設定すれば、変更はGoogleタグマネージャーでできるので、プログラミング知識不要・デプロイなどの作業も不要という点がメリットです。

イベントトラッキングもできるので、コンバージョンを測定したい場合にも使えます。

メモ

イベントトラッキングとは、クリック数や申込数などを計測する方法です。何がどのくらい売れたかを確認できます。

デメリットは?

デメリットは、ワードプレスで「Shortcoder」や「STINGERタグ」といったプラグインを使っていれば、似たようなことができるのでそこまで恩恵を感じないかもしれません。

ただ、いろいろなイベント計測タグなどを追加できるので、入れておいて損はないと思います。

以下から、Googleタグマネージャー(GTM)の基本的な設定方法について紹介していきます。

Googleタグマネージャーの設定フロー

Googleタグマネージャーでは、3つの項目を使って設定を行います。

  • 【タグ】Googleタグマネージャーで何を管理するを決める
  • 【トリガー】タグにひもづけて、どんな時にタグを計測するかを決める
  • 【変数】タグやトリガーに指定する動的な値(ページ、リファラー、イベントなど)

「何を計測するか(タグ)」を決めて、それの「計測するタイミング(トリガー)や計測する内容」を「変数」で設定します。

GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスを設定する場合

「All Pages」をトリガーにして、「Googleアナリティクス」タグを作成時に「トラッキングID(UAから始まる記号)」を変数として設定します。

実際に「Googleアナリティクス」タグの設定方法を紹介します。

Googleタグマネージャーの使い方

Googleタグマネージャーの使い方を「Googleアナリティクス」タグの設定を使って紹介します。

Googleタグマネージャーでイベントなどを計測する場合にも「Googleアナリティクス」タグの設定は必要です。

アカウントを作成

Googleタグマネージャーにログインします。

はじめてログインした場合は、アカウント作成から必要になります。

右上の「アカウントを作成」をクリックします。

「アカウント名」にサイト名など分かりやすい名前を入力します。

「国」は「日本」を選択し、「コンテナ名」に計測したいサイトのURL、「ターゲットプラットフォーム」は「ウェブ」を選択して次へ進みます。

利用規約が表示されたら、規約に同意して次へ。

Googleタグマネージャーを使うために必要なコードが2つ表示されます。

一つはheadタグ開始後に、もう一つはbodyタグ開始後に設定します。

メモ

このコードはサイトを修正して追加が必要です。これ以降、Googleタグマネージャーで追加する「タグ」に関してはサイトの修正は不要です。

メモ

ワードプレスの場合は、header.phpファイルに追加すればすべてのページに反映できます。
※テーマによって異なる場合があります。

これでアカウント設定は完了です。

次にGoogleアナリティクスの計測のためのタグを作成します。

Googleアナリティクスの設定

「新しいタグを追加」をクリック。タグとトリガーを入力する画面が表示されます。

「タグの設定」をクリック。タグを入力する画面が表示されます。

「Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス」をクリック。タグの詳細情報を入力する画面が表示されます。

「設定変数を選択」をクリックして、プルダウンから「新しい変数」を選択すると変数入力画面が表示されます。

「トラッキングID」にUAから始まるGoogleアナリティクスのIDを入力して保存します。

メモ

「トラッキングID」は、Googleアナリティクスを開いて左上のGoogleアナリティクスロゴの横にある「アカウント名をクリック」すると「プロパティとアプリ」名の下に表示されています。

トリガーをクリック。トリガー一覧が表示されます。

「All Pages」をクリック。

「保存」をクリック。

タグの名前を入力して保存します。

設定はこれで完了です。

最初の画面に戻ってきたら、公開前に「プレビュー」をクリックします。専用プレビュー画面が立ち上がり、設定内容を確認できます。

プレビュー画面を表示させたままGoogleアナリティクスの「リアルタイム」でアクセスがあるかどうかを確認しましょう。

メモ

「プレビューするには公開する必要があります。」と表示されるので「空のバージョンを公開」をクリックして表示させます。

問題なければ、「公開」をクリック。

バージョン名や詳細を入力して「公開」をクリック。

以上でGoogleアナリティクスのタグ設定と公開は完了です。

【まとめ】Googleタグマネージャー(GTM)

Googleタグマネージャーは、設定の手順と何を設定すればよいかが分かれば、それほど大変な作業はありません。

ワードプレスに追加する場合は、管理画面でのアクセスを除外するようにしておくと、余計なアクセスがカウントされません。

<?php if ( !is_user_logged_in() ) {

  //ここにアカウント設定時に表示されたheaderタグやbodyタグに追加するコードを追加する

} ?>

今後はGoogleアナリティクスGA4もメインストリームとなりそうなのでそちらも同じように設定しておくといいです。

-アフィリエイト
-