SEO PoserSuiteが5/21~23までセール!
※RankTrackerではなく「SEO PoserSuite」のセールです。3年契約で82%、1年契約なら75%割引。日が変わると割引率も低下します。

All in One SEOのnoindex設定

2018年11月12日

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
All in One SEOのnoindex設定

Google search consoleでかなりの数の重複コンテンツが検出されていてその原因がわかった。

それが、All in One SEOで設定しているnoindexの設定

タグをクリックしたときに表示されるページ(アーカイブみたいなページ)のタイトルやdescriptionが、タグを設定した最新の記事のものが設定されていた。
自分でチェックをいれないと変更されない項目なので、事前にチェックをいれて、タグはindexしないようにしておいたほうがSEO的によい
なお、すでにindexされてしまっているページは、Google search consoleからURLの削除依頼を出すこともできる。

Noindex設定

設定するのは、All in One SEOの「Noindex設定」の項目。
下記の5項目は、検索でひっかかっても、ユーザーにそれほど有用な情報を提供できないと思うので、初期設定でnoindex設定するようにチェックをいれておく。

・「日付別アーカイブに noindex を使用:」チェック入れる。
・「投稿者アーカイブに noindex を適用:」チェック入れる。
・「タグをnoindexにする:」チェック入れる。
・「検索ページに noindex を使用:」チェック入れる。
・「404 ページに noindex を使用:」チェック入れる。

タグやアーカイブ関連は、正しい設定ができていないと、最新の投稿のタイトルやdescriptionが設定されてしまう。

noindexは、あくまで暫定対応。

タグやアーカイブもタイトルをなおしたいのであれば、タイトルやdescriptionがユニークになるように設定または、開発を行う必要がありそう。

Googleは重複するタイトルやコンテンツを嫌います。
ページランクなどにも関係してくるので、自分でも不要と思うコンテンツはnoindexを設定して検索からはずすようにしたほうが検索結果がよさそう。

Google 重複コンテンツについて

  • 2022年ブログをスタート
  • マイペースにブログを更新中
  • ブログ収益、5桁継続中
  • コアアップデート被弾経験あり

-ワードプレス
-, , ,