調査

【初心者向け】Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方と必要な作業

【初心者向け】Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方と必要な作業
AmazonのアフィリエイトAPI「Amazon Product Advertising API」の使い方が分からない・・・

Amazonの商品紹介はアフィリエイトリンク以外にも「Amazon Product Advertising API」を使ってシステム化することができます。

Product Advertising API(以下PA-API)は、新しいバージョン(PA-API v5)になり、以前のPA-APIは2020年3月10日で利用不可になっています。

旧バージョンでの日本語マニュアルはあるのですが、新バージョンの「PA-API v5」での日本語マニュアルはない?ようなので、新バージョンの使い方と必要な設定について紹介します。

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の必要な作業

新バージョン(PA-API v5)には、英語マニュアルがあるので、それに沿って進めると分かりやすいです。

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)を利用するにはAmazonアソシエイトへの登録が必須なので、登録していない人は登録しましょう。

すでに登録している人は「PA-API v5」を利用するのに必要な認証キーの発行に進みます。

認証キーを発行する

「PA-API v5」を利用するのに必要な「認証キー」はAmazonアソシエイトサイトで発行します。

Amazonアソシエイトのメニュー「ツール」>「Product Advertising API」をクリックして、画面下の方にある「認証キーの管理」で認証キーを発行します。

Product Advertising APIの「認証キーの管理」

認証キーには、「アクセスキーID」と「シークレットキー」の2つがあります。認証情報の追加ボタンをクリックすると表示されるのでメモします。

シークレットキーはボタンを押してから一回のみ表示されます。忘れたり、メモしていない場合は、生成したキーを削除するか新たに認証情報を追加してメモします。

Product Advertising APIで認証キーを発行する

次に自分のアフェリエイト用のトラッキングIDもメモしておきます。

トラッキングIDが分からない場合は、Amazonアソシエイトの右上メニュー「登録メールアドレス」をクリックして「トラッキングIDの管理」を選択するとトラッキングIDが表示されます。

AmazonアソシエイトのトラッキングID

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)を使うのに必要な準備がととのったら、次は実際にデモ起動していきます。

デモ起動すれば、実行した内容をPHPファイルなどで取得できます。この認証作業をマニュアルを見ながらやるとめちゃめちゃ大変なので、ソースコード作成のためにもデモ起動した方がいいです。

「PA-API v5」をデモ起動できるページ

「PA-API v5」をデモ起動するのに「Product Advertising API Scratchpad」を使います。

「PA-API v5」の英語マニュアルページの左メニュー「Using Scratchpad」のページの下の方に「Locale Reference」一覧があります。ここに「Japan」という項目があるのでそのリンクをクリックします。

「PA-API v5」をデモ起動するの「Using Scratchpad」で「Locale Reference」から「Japan」を選ぶ

Scratchpadでリクエストを実行する

「Scratchpad」でデモ起動を試していきます。

検索キーワードを入力して、その結果のレスポンスを受ける場合は「ITEM」の「SearchItems」を使います。

ピンポイントで商品を取得するなら「GetVariations」や「GetItems」でASINを入力して取得することもできます。
※ASINは「Amazon Standard Identification Number」の略でAmazonグループが取り扱う書籍以外の商品を識別するための10けたの番号。

するとパラメータを入力する画面が表示されるます。

Common parametersに設定するパラメータ

「Common parameters」には、トラッキングID、アクセスキーID、シークレットキーを入力します。

Request parametersに設定するパラメータ

「Request parameters」は、とりあえず「Keywords」を入力すれば「Run request」でデモ起動ができます。

「Product Advertising API Scratchpad」にパラメータを入力する

「Request parameters」で取得データを調整できる

「Resources」

「Request parameters」には「Resources」の項目があり、このパラメータでレスポンスでどのようなデータを返してほしいかを選ぶことができます。

サムネイルなどを取得したい場合は「Images」のパラメータにチェックを入れておきます。また、商品タイトルを取得したい場合は「ItemInfo」のパラメータのチェックが必要です。

この他、「Offers」の中にある「Offers.Listings.Price」にチェックを入れれば価格の取得もできます。どれがどの値なのかは実際にチェックして確認するしかありません。

「Add a new parameter」

逆に「Add a new parameter」で検索条件を追加することもできます。最小価格(MinPrice)、最高価格(MaxPrice)、在庫あり(Availability)などの条件を追加できます。

Scratchpadでの実行結果

「Run request」で実行した結果が画面下の「Response type」に表示されます。

結果表示はいくつか選択できます。

「Rendered response」では、データが加工された状態で表示されます。JSON、HTMLなどの表示方法も選択できます。

「Product Advertising API Scratchpad」でデモ起動した結果

Scratchpadで実行した内容がソースコードで取得できる

Scratchpadのすごいところが、この実行したときのソースコードをまるまる取得できるところです。

「Code snippets」というところに、実行した内容のJAVAやPHPのソースコードが表示されるので、これをそのままコピーして利用できます。「Request parameters」の部分を変更すればソースコードにも反映されます。

このソースコードを実行した場合のレスポンスのデータ形式は「JSON」です。

※コピーしたソースコードの「シークレットキー」の部分は変更が必要です。

「Product Advertising API Scratchpad」でPHPソースコードを取得できる

【余談】BrowseNode

パラメータの一つにBrowseNodeというのがあります。簡単にいうとアマゾンのカテゴリーについている番号で、これを使えばカテゴリーを絞り込んだ検索というのもできます。

BrowseNodeでカテゴリーを絞りこんで検索したほうが、検索結果のノイズも減ります。

このBrowseNodeは2万以上もあり、自分で抽出するのは大変です。Qiitaでそれらを抽出している方がいるのでそれを参考にすると手間が省けます。

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方と必要な作業まとめ

以上がAmazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方と必要な作業です。

手順をテキストで簡単にまとめておきます。

Amazon Product Advertising API(PA-API v5)の使い方と必要な作業

  • Amazonアソシエイトで認証キーを発行する(アクセスキーIDとシークレットキー)
  • トラッキングIDをメモする
  • Scratchpadに必要なパラメータを設定する
  • Scratchpadを実行する
  • 生成されたソースコードを取得する

コピーしたソースコードを元に、検索条件をフォーム入力させて、レスポンスをJSON解析して表示させれば個人でもAPIを使った商品紹介が可能です。

-調査
-